編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【BotEditor】最も簡単にチャットボットを作成し、公開するツールを無料で提供

AppSocially株式会社

From: PR TIMES

2019-10-02 14:12

チャットボットの作成が難しいと思っている方々に、スキル不要で簡単・短時間でチャットボットの作成から公開までを可能にします

ビジネスチャットサービス「ChatCenter Ai」、スモールビジネス向けHRチャットボットサービス「Truffle AI」を提供しているAppSocially株式会社(本社:東京都渋谷区、CEO:高橋雄介、以下AppSocially)は、個人・組織に問わず、あらゆるジャンルで使用可能なチャットボット作成・公開ツールBotEditor( (リンク ») )を無料で公開します。Webブラウザ上でマウス操作とテキスト入力操作だけで誰もがチャットボットを作成できる環境を構築しました。また、予めチャットボットの表示条件を設定することによって、ユーザーが入力した内容に応じて動的な回答を表示するチャットボットをプログラムを記述することなく作成することが可能です。作成したチャットボットは、URLによる配信、Webサイトへの埋め込みよる実行が可能です。



[画像1: (リンク ») ]


階層型チャットボットの作成を誰でも簡単に!
BotEditorは、シナリオに沿ってユーザーが選択肢を回答していく階層型チャットボットの作成に特化しています。階層型チャットボットを最も簡単かつ素早く作成・公開することを目指して開発しており、マニュアルなしでWeb画面でのチャットボット作成が可能です。

BotEditorは、階層型チャットボット(※)の作成にフォーカスし、階層型チャットボットをより多くの人に情報提供ツールや問題解決ツールとして使ってもらえるような環境を用意することを目指して開発されました。

チャットボットの利用者から入力された情報を変数に保存する機能を有しており、変数の値に応じてチャット画面で表示する内容を変化させることができます。これによって、シンプルな静的なチャットボット作成に加え、利用者の行動に応じた動的なチャットボットの作成が可能となります。

※AppSociallyでは、木構造をだどっていくことによってチャットを進めていく階層型チャットボット、会話の意味を理解し、それに対して適切なメッセージを返す会話型チャットボットというように、チャットボットを大きく2種類に分類しています。

[画像2: (リンク ») ]

グラフ構造表示によってシナリオ展開を可視化
BotEditorでは、階層型チャットボット作成にグラフ構造によるユーザーインターフェースを提供しています。グラフ構造にすることよにって、マウス操作と文字入力を繰り返すことによって、直感的にチャットボットを作成可能となります。また、チャットボットをグラフ構造によって可視化することによって、シナリオ全体を俯瞰で見ることが可能となり、作成者がシナリオの流れを容易に確認することができます。シナリオの追加や修正も簡単に行うことができます。
[画像3: (リンク ») ]


チャットシナリオを様々な形式にエクスポート可能(今後一般公開予定)
AppSociallyは、ビジネスチャットサービスであるChatCenter Aiを企業様に提供しています。BotEditorで作成したチャットボットシナリオは、ChatCenter Ai独自のチャットボット形式へエクスポートすることが可能であり、ChatCenter Ai上で動作させることができます。ChatCenter Aiで動作させることで、チャットボットとオペレーター対応のハイブリッドチャットサービスの提供が可能となります。また、ChatCenter Aiの豊富な機能によって、BotEditorで作成したシンプルなチャットボットをより複雑で高度なチャットボットへと昇華させることできます。

[画像4: (リンク ») ]


ボットテンプレートからボット作成(今後一般公開予定)
BotEditorでは、今後チャットボットシナリオのマーケットプレイスを提供予定となっております。マーケットプレイスでは、AppSociallyオリジナルのチャットボットシナリオを公開し、それをユーザー様が自由にご自身のチャットボットとして利用、改変できる仕組みとなります。さらに、ユーザー様が作成されたチャットボットシナリオをマーケットプレイスに公開することも可能で、チャットボットシナリオを流通させる仕組みを構築したいと考えております。

カスタムチャットボット作成支援(コンサルティング)
BotEditorAppSociallyでは専門のチャットボットシナリオライターがあなたのビジネスに最適なチャットボットを有料にてご提案いたします。ご興味ある方は以下のお問合せ先までご連絡ください。

サービスの基本情報
サービス名:BotEditor(ボットエディター)
URL: (リンク »)
対象:チャットボットを作成したい個人および法人
条件:Googleアカウントもしくはメールアドレスでのユーザー登録が必要です

AppSociallyについて
2013年に米国カリフォルニア州マウンテンビュー、通称シリコンバレーにて創業し、2014年に日本法人であるAppSocially株式会社を設立。企業や製品のグロース戦略、データサイエンス、UXデザインの専門家集団としてコンサルティングサービスの提供、及びソフトウェア製品の開発・提供を行う。現在はサンフランシスコ、東京、ハノイの3地点を拠点に企業とお客様のコミュニケーションを支援するハイブリッドAIチャットサービス「ChatCenter Ai」、スモールビジネス向けHRチャットボットサービス「Truffle AI」、チャットボット作成・公開ツール「BotEditor」を提供中。

BotEditorに関するお問い合わせは、下記担当までお願いいたします。

〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-1-11-3F
AppSocially株式会社
BotEditor担当
E-mail: hello@appsocial.ly (24時間メールにて受付けております。)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]