編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

「F1全史」電子書籍セール実施中!【F1速報 愛読月間】

三栄

From: PR TIMES

2019-10-02 17:40

【大特価】「F1全史セット」(全13冊/電子書籍)をご購入の方全員に最新・第13集の紙版をプレゼント(10月31日まで)

株式会社三栄(本社所在地:東京都新宿区、 代表取締役社長:星野邦久)の電子書籍を販売するASB電子雑誌書店グループは、「F1全史」を特価で提供します。バックナンバーが全て50%OFF! そして、これまで発刊した13冊をセットにした「F1全史」セット(通常定価:58,500円)が超特価の19,800円!!️ なお今回、13冊セットをお買い上げの方全員に、最新刊である第13集の紙版(定価4,500円)をプレゼント! このお得な機会をお見逃しなくご利用ください。



[画像1: (リンク ») ]

ASB電子雑誌書店
F1全史
(リンク »)

<全品50%OFF>

第1集 1986-1990 ターボの終焉とホンダ専制時代
第2集 1981-1985 もっとパワーを! ターボ化と政争の渦の中で
第3集 1976-1980 空力を求めて──王者ラウダの光と影
第4集 1971-1975 名手スチュワートの退場、若手精鋭たちの新時代
第5集 1966-1970 3リッターF1の開幕 ホンダ挑戦期の終わり
第6集 1991-1995 巨星墜つ! セナ不在で揺れるグランプリ界
第7集 1961-1965 充実の“葉巻型”1.5L時代 クラークとロータスの蜜月
第8集 1956-1960 ファンジオの覇権 ミッドシップ革命
第9集 1950-1955 F1世界GPの夜明け メルセデス無敗神話
第10集 1996-2000 新世紀への序章と“対”シューマッハー時代
第11集 2001-2005 絶対王者シューマッハーの君臨とジャパンパワー
第12集 2006-2010 混沌の覇権争いと日本チームの撤退
第13集 2011-2015 一強時代到来とホンダF1復帰


<超特価>
【特典付き】F1全史セット(全13冊)
(リンク »)
お買い上げの方全員に最新刊「第13集」(紙版/定価:4,500円)をプレゼント!
通常定価58,500円が今なら超特価19,800円!

各セール期間:10月1日~10月31日


2019年10月1日
株式会社三栄


F1全史 第1集

発売日:1992.10.01
総ページ数:144p
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]



F1全史 第13集
発売日:2018.07.30
総ページ数:144p
[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]