編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サンクトガーレン、山梨の“訳あり”桃をビールを活用した「7種の桃のエール」 10月4日より発売。今年は長梅雨の影響で +3種 、+100kg の桃使用。

サンクトガーレン有限会社

From: PR TIMES

2019-10-02 19:00

白濁したビールから漂う香りは甘い桃そのもの。まさに大人のピーチネクター



サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は、2019年10月4日(金)より、山梨の“訳あり”桃を使用したビール「7種の桃のエール」を樽生限定で発売します。
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]


今年は長梅雨の影響で色ムラ・色薄・傷などの原因で市場には出せない“訳あり”桃が多く出ました。なるべく多くの桃を引き取って有効活用しようとした結果、例年より3種類多い10種類の桃(※)を引き取ることになりました。
※夢しずく・白凰・あかつき・まどか・紅錦香(くにか)・川中島・ゆうぞら・幸茜・桃水・西王母(せいおうぼ)

[画像2: (リンク ») ]


そのため今年は「7種の桃のエール」という名前ながら、10種類の桃を使用。
使用量も昨年の400kgから500kgへと増量しています。

10月4日より横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」、翌5日から品川インターシティで開催される「大江戸ビール祭り」、本厚木のビアレストラン「Bakery&Beer Butchers」で先行発売。
10月20日以降サンクトガーレン取扱いビアバーへの出荷を予定しています。

[画像3: (リンク ») ]




500kgの訳あり桃をピューレにして使用



[画像4: (リンク ») ]


今年の記録的な日照時間不足の影響で、色ムラ・色薄・傷などの原因で市場に出せない“訳あり”桃が多く出ました。引き取った“訳あり”桃はピューレに加工し、ビールのベースとなる麦汁に投入しています。1回の仕込みで使ったのは約500kgの桃です。


[画像5: (リンク ») ]


ビールは大麦麦芽を使用するのが普通ですが、このビールは大麦より柔らかくトロリとした飲み口を表現できる小麦麦芽を合わせて使用しています。無濾過で仕上げており、白濁したビールから漂う香りは甘い桃そのもの。まさに大人のピーチネクターです。

[画像6: (リンク ») ]


サンクトガーレンでは桃の他にオレンジやリンゴなどを使ったビールを製造しています。いずれも使っているのは、外観などに難がある“訳あり”果実です。今年は台風15号の影響で落下した梨の活用の相談を受け、それも買い取ってビールにしました。
サンクトガーレンのフルーツビールは香料などに頼らず果実本来の香りや味わいを引き出すため、果物をたっぷり贅沢に使います。訳あり果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れてハッピー、弊社にとっては安く果物を譲ってもらえてハッピーというWin-Winの関係です。

▼和梨のヴァイツェン
(リンク »)
▼湘南ゴールド(オレンジ)
(リンク »)
▼アップルシナモンエール
(リンク »)


7種の桃のエール販売場所



■横浜オクトーバーフェスト2019 サンクトガーレンブース
(リンク »)
日程:2019年10月4日(金)~20日(日)
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場


■大江戸ビール祭り 2019 秋 サンクトガーレンブース
(リンク »)
日程:2019年10月5日(土)~8日(火)
場所:品川インターシティ S&R棟前広場
※イベントは10月10日(木)~13日(日)も開催されますが、サンクトガーレンの出店は前半のみです


■Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)
シャルキュトリー工房とパン工房を併設した、サンクトガーレンタイアップのビアレストラン。朝9時のモーニングから、ランチ、ディナーと1日中ビールが楽しめます。
このお店では「7種の桃のエール」の在庫がある限りずっと樽生でお楽しみ頂ける予定です。

[画像7: (リンク ») ]


住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F
アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分
電話:046-259-9125
営業時間:9:00~22:00
定休日:月曜日
参考サイト: (リンク »)


※樽生限定での販売となり、ボトルの販売はございません。
※10月20日までは上記のみでの販売になりますが、10月20日以降サンクトガーレン取扱いビアバーへの出荷を予定しています。販売店リストは公式サイトにて随時更新します。



サンクトガーレンについて



[画像8: (リンク ») ]


(リンク »)

日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、高アルコールで長期熟成が出来る麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

サンクトガーレンはスイスの地名。
そこにあるサンクトガーレン修道院は世界で初めて醸造免許を取得した場所。
その原点を引く継ぐべく「サンクトガーレン」とブランド名に冠しています。

Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Instagram: (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]