編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本人の味のふるさと「155gカンロ飴」 日経POSセレクション平成売上No.1選出のお知らせ ~「懐かしいのに、新しい。」をコンセプトに、シリーズ品拡大~

カンロ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 14:00

カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 三須 和泰、以下 カンロ)は、日本経済新聞社の日経POS情報における調査より、カンロ飴(155g)が袋入りハードキャンデーカテゴリーで「平成売上No.1」に選出されましたのでお知らせいたします。また、コンビニエンスストア、レールチャネル限定にてシリーズ品「ミルクのカンロ飴(コンパクトサイズ)」を2019年10月1日(火)より発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

                     ※現在のパッケージ

《日経POSセレクション 平成売上No.1 ~155gカンロ飴選出~》
日本経済新聞社では、全国のスーパー、コンビニエンスストアなどから収集した販売実績データ(日経POS情報)を元に、1989年(平成元年)~2019年(平成31年)の平成31年間を通じての消費動向調査を実施。カテゴリー別に平成31年間の売上を集計し、この度カンロ飴(155g)が袋入りハードキャンデーカテゴリーにおいて「平成売上No1」に選出されました。当社ではこの受賞を励みとし、これからもお客様に最もご支持いただけるブランドとなるよう、より一層努力してまいります。

《カンロ飴とは》
カンロ飴の誕生は1955年。カンロ創業者宮本政一は、日本人が好む味わいのしょうゆ味の新商品を開発。煮詰めるとしょうゆが真っ黒に焦げるため、焦げにくいカンロ飴専用しょうゆを作るなど数々の課題を克服し、山口県内で発売。その後、販路も全国へ拡大、発売から3年も経たずに全国的なヒット商品となりました。また、2018年に初めてのレシピ変更を実施。素材本来の良さを生かすため、しょうゆに添加するアミノ酸を使わない新製法を開発。砂糖・水飴・しょうゆ・食塩という「素材」だけで変わらぬ美味しさの再現に成功しました。(※同時にパッケージ・手に取りやすい量目(140g)にリニューアル)
カンロ飴は発売から現在までの販売数は50億袋にのぼり、昭和から平成、現在においても多くの方に親しまれるキャンディとなりました。

《シリーズ品拡大 ~「懐かしいのに、新しい。」~》
2018年9月、伝統あるブランドに新たな技術を加えた新規性のある「ミルクのカンロ飴」を新商品としてラインナップに追加、懐かしいけれども新しい、食べやすい味わいでご好評いただいております。今回は、持ち運びにちょうど良い、人気のコンパクトサイズにてコンビニエンスストア・レールチャネル限定で2019年10月1日(火)より発売いたします。
様々な味や形で展開し、昔から変わらない懐かしさや安心感のあるカンロ飴の味わいを、今後もより多くのお客様へお届けいたします。

■商品概要

[画像3: (リンク ») ]

商品名:カンロ飴
価格:オープン価格
内容量:140g
販売エリア:全国・全チャネル
特徴:しょうゆを隠し味に使用したまろやかな甘さとすっきりした後味

[画像4: (リンク ») ]

商品名:ミルクのカンロ飴
価格:オープン価格
内容量:70g
販売エリア:全国・全チャネル
特徴:カンロ飴とミルクのまろやかさが組み合わさった甘じょっぱい味わい

[画像5: (リンク ») ]

商品名:ミルクのカンロ飴(コンパクトサイズ)
発売日:2019年10月1日(火)
価格:オープン価格
内容量:24g
販売エリア:コンビニエンスストア、レールチャネル限定品
特徴:カンロ飴とミルクのまろやかさが組み合わさった甘じょっぱい味わい

■「糖と共に歩む」!カンロの挑戦
カンロは近年高まる糖質制限ブームや、消費者の糖に対する意識の変化を受けて、新しい会社へ生まれ変わるべく、2017年に40年ぶりとなるCI(コーポレート・アイデンティティ)の刷新を行い、「糖から未来をつくり世界中の人を笑顔にするキャンディNo.1企業になる」という長期ビジョンを掲げました。おいしさや健康のために糖ができることを事業活動を通じて提案し、糖に対する理解ある環境を作り、皆さまの健やかな生活に貢献して参ります。

<カンロ展開ブランド>
[画像6: (リンク ») ]


■会社概要
社名:カンロ株式会社
代表:代表取締役社長 三須和泰
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティビル37階
創業:1912年(大正元年)11月10日
事業内容:菓子、食品の製造および販売
URL: (リンク »)

当社は創業から百余年、「糖と歩む企業」として、社名になっている「カンロ飴」を始め、ミルクフレーバーキャンディ市場売上No.1ブランド※「金のミルク」、菓子食品業界で初ののど飴となる「健康のど飴」、大人の女性に向けたグミ市場を創り上げた「ピュレグミ」など、常に消費者の皆様から愛され続ける商品を創り続けてまいりました。2012年からは直営店「ヒトツブカンロ」を運営し、「ヒトからヒトへ つながる ヒトツブ」をコンセプトにキャンディの魅力を発信しています。
※株式会社インテージSRI ミルクフレーバーキャンディ市場 
2016年9月~2018年8月累計販売金額ブランドランキング

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]