編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

[無料配布] Webサイトなら自動翻訳のままでもいいの?!

モシトランス

From: PR TIMES

2019-10-03 13:40

今の訳文で見込み客となる外国人の方々に正しく伝わっていますか?

貴社のWebサイトにおける多言語化対応は、本当に大丈夫ですか?
自動翻訳の特徴や付き合い方をまとめた資料を、無料でダウンロードできるようにいたしました。



■これじゃ正しく伝わりませんよね?

[画像1: (リンク ») ]

■ちょっと待って! Webサイトなら自動翻訳のままでもいいの?!


忘れた頃に繰り返し世間を賑わせるのが、Webサイト(ホームページ)における誤訳の記事。でも、これらは氷山の一角に過ぎません。多くの人が目にする、大手企業や自治体のWebサイト(ホームページ)だから、マスコミが取り上げただけです。
自動翻訳(機械翻訳)サービスが進化し、Webサイト(ホームページ)の多言語化は比較的簡単に実現できるようになりました。その一方で、誤訳のニュースが絶えることはありません。
貴社のWebサイト(ホームページ)における多言語化対応は、本当に大丈夫ですか?


■無料でダウンロードできる資料の中身は?

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


■無料のダウンロードはこちらから
株式会社モシトランスのWebサイトにある「無料ダウンロード」からダウンロードできます。
(リンク »)

■株式会社モシトランスについて
株式会社モシトランスは、北京の翻訳会社である摹習(北京)翻訳有限公司を母体とし、日本におけるビジネスを拡大するために2018年4月に設立した東京の会社です。
"Beyond communications"をビジョンに掲げ、「書き手や話し手の想い全てを、異なる母国語を使っている人たちにも届けたい」という強い想いを基に、「翻訳」「通訳」「ビジネス支援」の3つの事業を展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]