編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

自らの遺産をまちのために、遺贈寄附「ふるさとレガシーギフト」に全国初の申込み

奈良県生駒市

From: PR TIMES

2019-10-03 13:30

~「ふるさと相続」による寄附文化の醸成に取り組みます~

手間も費用もかけず、確実に遺贈寄附ができる仕組み「ふるさとレガシーギフト」。
全国で初めて、この仕組みを活用した寄附の申込みをいただきました。



 今回の寄附は、「生駒市学研高山地区第2工区の街づくりに役立ててほしい」という寄附者の想いから実現しました。概要は以下のとおりです。
◇寄附者:久保昌城(くぼまさき)、奈良県生駒市高山町在住、74歳。生駒商工会議所名誉会頭。
◇寄附申込日:2019年9月10日
◇寄附額:100万円

■「ふるさと相続」とは
 生駒市は、市への遺贈寄附や相続財産寄附を「ふるさと相続」と掲げ、寄附文化の醸成に取り組んでいます。これまでも「生駒市のために役立ててほしい」と申し出をいただいた人から寄附金をお受けし、寄附者の想いを目に見える形で残してきました(生駒駅前図書室「木田文庫」や、たけまるホール「スタインウェイピアノ」など)。このように、地域への恩返しや地域の人たちに喜んでもらいたいという想いを持つ多くの人たちに向けて、寄附をしやすい環境を整え、市民の皆さんに協力をお願いしていきます。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


(参考)「ふるさとレガシーギフト」の仕組み
人生最期の社会貢献として遺産の一部をふるさとのために使う「遺贈寄附」。希望者は増加傾向にあります。しかし、さまざまな要因で遺贈寄附を実行される人は多くないのが現状です。特にこれまでは、遺贈寄附を行う手段は実質的に「遺言」しかありませんでしたが、手間と費用が大きな課題でした。そこで誕生したのが、「ふるさとレガシーギフト」。手間も費用もかからず、確実に遺贈寄附ができる新しいかたちの寄附です。

◇寄附までの流れ
1.寄附者は使い道を指定したうえで、市に寄附したいお金(信託金)を信託銀行に信託します。
2.信託銀行が信託金を運用。生前は年1回収益金が支払われます。
3.信託金は、寄附者が亡くなられたあと市に寄附されます。
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]