編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

I・TOP横浜「まちの回遊性向上プロジェクト」実証実験第2弾を実施します!

横浜市

From: PR TIMES

2019-10-03 15:30



 横浜市は、「I・TOP横浜」の取組として、街の回遊性を向上させ、周辺施設への送客効果による経済の活性化、にぎわいの創出に寄与することを目指し、昨年度、株式会社NTTドコモ、株式会社未来シェアとともに「まちの回遊性向上プロジェクト」を立ち上げ、「AI運行バス」の実証実験を実施しました。この度、昨年度に引き続き、「AI運行バス」の実証実験を実施します。
 第2弾の実証実験では、タクシー車両に加え、ニーズの高いルート(桜木町ー赤レンガーパシフィコ横浜)には、横浜市交通局が小型バスの運行により参画する他、車いすなどに対応したユニバーサルデザイン車両の配車機能を追加し、みなとみらい21地区、関内地区内のスポットを便利でお得に回遊できます。

【運行日時】
10月10日(木)~20日(日)10時00分~21時00分
【乗車方法】
1. スマートフォンでAI運行バス専用アプリをダウンロードしていただくか、Webアプリの登録ページ(「AI運行バス 横浜」で検索)で、観光施設一覧などから降車ポイントを指定します。
2. 最寄りの乗車ポイント、乗車人数、乗車時間を指定して予約します。
どなたでも無料で乗車できます!

▼乗車降車ポイントは、商業施設、宿泊施設等33か所あります。
[画像1: (リンク ») ]


▼AI運行バス 
[画像2: (リンク ») ]



▼交通局小型バス

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]