編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

10月10日(木)は「目の愛護デー」『眼育(めいく)』で幼児を健康に!新潟医療福祉大学の学生がこども園で目の健康指導を行います。

NSGグループ

From: PR TIMES

2019-10-03 18:00

NSGグループの新潟医療福祉大学では、10月10日(木)「目の愛護デー」に視機能科学科学生による「幼児対象の目の講習会」を「優の森こども園(新発田市)」にて行いますのでお知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]

本学の視機能科学科では、卒業時に視能訓練士国家試験受験資格を取得するカリキュラムを配置しており、視機能・医療・福祉・リハビリ・保育を総合的に学ぶとともに、他の医療専門職と連携を図り、包括的なサービスを実践できる次世代の視能訓練士を育成しています。
また、保育園・幼稚園と連携し、「子どもの眼の健康」に関する保健指導(眼育)にも力を入れており、実習を通じて幼児の身体的発達や心理の特性を実践的に学びながら子どもの視機能を守る視能訓練士の育成にも力を入れています。

近年のスマートフォンやタブレットの普及に伴い、オフィス内だけでなく小学校など教育現場においても目を使う機器が周りにあふれる時代となり、昔に比べると幅広い世代で目の負担は劇的に増えました。文部科学省が2018年に実施した調査によると裸眼視力が「1.0未満」の小学生の割合は34.1%で過去最高値という結果が発表されています。小学生の3人に1人が裸眼視力1.0未満と子どもの視力低下が急速に進んでおり、子どもの目の健康指導は重要視されています。「子どもの眼の健康管理」ができる視能訓練士のニーズは近年ますます高まっています。
本学は、今後も地域自治体との連携を強化していき、地域貢献できる人材を輩出してまいります。

【幼児の目の講習会 概要】 
■実施日時 :10月10日(木)10:00~10:30
■会  場 :優の森こども園(新潟県新発田市住吉町4-18-16)
■講習内容 :紙しばいによる目の健康講習・視覚発達ゲーム
■参加学生 :視機能科学科 学生6名 (視機能科学科 石井 雅子 教授も同行予定)
■対  象 :5歳児 30名

【新潟医療福祉大学】  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]