編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

イーレックス、シェアリングエネルギー、Power Ledgerが、ブロックチェーンを活用した電力の「P2P取引の共同実証実験」を開始

イーレックス株式会社

From: PR TIMES

2019-10-03 17:59

イーレックス株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:本名均)、株式会社シェアリングエネルギー(本社:東京都品川区 代表取締役:古賀恵美子)、Power Ledger Pty Ltd(本社:豪州西オーストラリア州 会長兼共同創業者:Dr. Jemma Green)は、ブロックチェーン技術を活用した、再生可能エネルギーの個人間取引「P2P電力取引:Peer to Peer」を可能とする次世代電力システムの共同実証実験を2019年10月より関東エリアで実施します。


■実証目的
太陽光発電・蓄電池の普及に伴い、国内の電力供給システムは、従来の大規模集約型から個人・企業が電源を保有する分散型への移行期にあります。本実証実験では、今後、分散型電源を所有する需要家が、他の需要家と直接取引を行う電力取引を行う双方向・自律型の電力供給システムの有効性を検証することを目的としています。


■実証内容
Power Ledger社のブロックチェーン技術を活用して、シェアリングエネルギー社が展開する太陽光発電システムの第三者所有モデル「シェアでんき」などの太陽光発電システムを保有する需要家(プロシューマー)から発電された再生可能エネルギーを、イーレックスグループの電力消費者(コンシューマー)に対して売電する、P2P電力取引の実現可能性を検証してまいります。


本実証実験では、実証協力世帯のスマートメーターの買電量と売電量をリアルタイムに把握するため、NTT東日本社製のフレッツ・ミルエネ[1]を活用します。当該サービスには、電力データ(Bルートデータ)流通機能があり、1分毎の電力量を最短5分程度で取得することが可能であるため、今回の実証実験で必要となる電力データを取得することが可能です。


今回の取り組みを通じて、2019年11月以降に市場に出始める卒FIT電力を始めとした分散電源を、社会で有効活用できる仕組みづくりを実施いたします。

[1] NTT東日本「フレッツ・ミルエネ」事業者プラン  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]