編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ミーミル、博報堂「ミライの事業室」と新規事業開発における業務提携を開始

株式会社ミーミル

From: PR TIMES

2019-10-04 10:00

各業界を代表する有識者ネットワークを活用し、「チーム企業型事業創造」の推進を支援

国内の各業界有識者と企業を繋ぐエキスパート・ネットワーク・サービス「EXPERT RESEARCH」を提供する株式会社ミーミルは、株式会社博報堂の新規事業開発組織である「ミライの事業室」と新規事業開発分野で業務提携を開始致します。「ミライの事業室」が掲げる「チーム企業型事業創造」を行う際、ミーミルが持つ各業界を代表する有識者ネットワークを活用できる体制を提供致します。



国内の各業界有識者と企業を繋ぐエキスパート・ネットワーク・サービス「EXPERT RESEARCH」を提供する株式会社ミーミル(所在地:東京都千代田区、代表取締役:川口荘史)は、本日より、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)の新規事業開発組織である「ミライの事業室」と新規事業開発分野で業務提携を開始致します。「ミライの事業室」が掲げる「チーム企業型事業創造」を行う際、ミーミルが持つ各業界を代表する有識者ネットワークを活用できる体制を提供致します。

[画像1: (リンク ») ]


■博報堂「ミライの事業室」が掲げる「チーム企業型事業創造」の推進を支援
博報堂では、2019年4月、既存の産業の枠からは生まれにくいイノベーションをクリエイティビティと生活者発想で生み出すため、新規事業開発組織「ミライの事業室」を新設しました。ミライの事業室では「チーム企業型事業創造」を方針として掲げ、クライアントである企業やスタートアップ、大学、行政など産学公を横断するチームで新規事業を創出し、単一企業では解決できないより大きな社会課題を解決していくことを目指しています。チーム企業型事業創造を加速させていくにあたり、事業を推進するリーダーシップ人材の育成や異業種パートナーとのマッチング、先端テクノロジーの活用など、多方面に渡る専門的なノウハウやネットワークが必要となり、この度、ミーミルと業務提携を行うこととなりました。

今回の業務提携でミーミルは、「ミライの事業室」で実施する各新規事業開発に対して、事業立ち上げのための仮説構築や事業立ち上げ、立ち上げ後の事業推進といった各フェーズに最適な有識者「ミーミル・エキスパート」をアサインします。各業界に関わる独自のナレッジやインテリジェンスをもつ有識者のほか、新規事業開発で多くの成功、失敗経験を持つ新規事業立ち上げの専門家などがプロジェクトを支援します。

■新規事業開発における様々な段階で活用が可能。ミーミルが提供するエキスパート・ネットワーク・サービス「EXPERT RESEARCH」とは
ミーミルが持つエキスパート・ネットワークには、各業界の有識者が参画しています。ミーミルでは、各企業のさまざまな事業創造を成功に導くため、ミーミル・エキスパートと企業を繋ぎ、有識者が持つ経験知を企業が効率的かつ有効に活用できる機会を提供しています。

近年、テクノロジーの進化が加速するなか、業界の細分化や専門性の高度化が進んでいます。新規事業開発においては、事業アイデアのみならず、適切な業界知識や専門知識が求められる状況です。また、新規事業開発プロジェクトを成功に導くためには、仮説構築や検証などプロジェクト推進に関わる専門知識も必要です。こうしたなか、新規事業開発の様々な段階において、業界トップクラスの有識者の経験知を活用しようとするニーズが高まっています。しかし、これまで日本では、事業創造において、国内外に存在する業界トップクラスの有識者の経験知をタイムリーに活用できる仕組みがほぼありませんでした。ミーミルでは、これらの課題解決を図り、日本における事業創造を推進するため、エキスパート・ネットワーク・サービス「EXPERT RESEARCH」の提供を開始致しました。人に眠る「経験知」を認定し価値を与えることで、事業創造を推進するチームがWeb上では探すことのできない高度な専門知識やインテリジェンスに手軽にアクセスできる環境の構築を目指します。

■ミーミル・エキスパートの経験知を生かした各種サービスについて
ミーミルが提供するサービスは、大きく分けて1)エキスパート・インタビュー、2)オンデマンド・コンサルティングの2種類があります。
1) エキスパート・インタビュー:新規事業を検討している業界の調査、事業開発の方向性、戦略策定などについて、1時間のミーミル・エキスパートへのインタビューを通して経験知や情報を獲得できるサービス。
2) オンデマンド・コンサルティング:クライアントの要望に応じたオーダーメイドの支援プラン。ハンズオン型の新規事業立上げ支援、オーダーメイドの業界レポート・専門テーマレポートの作成、社内勉強会や講演講師のアサイン、その他CXO/社外取締役など幹部採用のサポートまで幅広く対応。

サービスHP: (リンク »)

今後、ミーミルでは、ビジネスの現場で貴重な価値を発揮する有識者を選りすぐったネットワークを国内のみならず海外にも広げて参ります。各有識者が有する「経験知」に価値を与えることで、貴重な「経験知」が流通しやすくなる世界の創造に貢献します。さらに、各有識者が持つ“異なる経験知”が有機的に交わる環境を整備することで、国内外においてさまざまな領域の事業創出を促進いたします。

■本件お問い合わせ先
株式会社ミーミル(担当:中川)
電話番号:03-4400-2904
メールアドレス: info@mimir-inc.biz

■博報堂「ミライの事業室」について

[画像2: (リンク ») ]

博報堂は、数多くのクライアントのイノベーションを支援してきた経験を拡張させ、自ら主体となる事業創造に挑戦しています。「ミライの事業室」は、その推進役として2019年4月に発足した新規事業開発専門組織で、コンサルタント、マーケター、クリエイター、ビジネスプロデューサー、テクノロジストなど多様なメンバーが全社から集結して活動しています。ミライの事業室は「チーム企業型事業創造」を方針とし、企業やスタートアップ、研究機関、行政など様々なパートナーと連携して大きなチームを組み、そのなかで自らが事業オーナーとなってリスクテイクしながら、単一企業では成し得ない事業の実現を目指します。博報堂が強みとする生活者発想とクリエイティビティを活かした事業創造を通じて、事業の先にあるミライの生活創造、社会創造に挑戦していきます。
(リンク »)

■株式会社ミーミルについて

[画像3: (リンク ») ]

「経験知に価値を与える」をミッションに、企業の意思決定を円滑化、最適化するために株式会社ミーミルは経営企画部、新規事業担当者にリサーチ支援サービスを提供します。新規事業のためのリサーチや投資案件の検討、企業の調査などについて、リサーチの受託やアドバイス、レポートの作成・提供をいたします。もっとも価値があるのは経験に裏打ちされた経験知。これらの展開や継承を促進することでより良い世界の創造に貢献します。ヒトに眠る「知」、Web上では探せない専門知識やインテリジェンスにアクセスし、「知」を流通させるインフラとなります。

会社概要
社名:株式会社ミーミル / Mimir, Inc.
代表者:代表取締役 川口荘史
所在地:東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3F
HP: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]