編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

中小企業の見積作成と販売管理をRPAで完全自動化する「お手軽見積サービス」を提供開始

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

From: PR TIMES

2019-10-04 10:25

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンシステムアンドサポート株式会社(代表取締役社長:平賀剛、以下キヤノンS&S)は、見積作成と販売管理の連携をRPAで完全自動化することで、中小企業の働き方改革を支援する「お手軽見積サービス」の提供を2019年10月15日より開始します。



(リンク »)

近年、中小企業では人材不足がますます深刻化し、経営上の不安要素のひとつになっています。そうした中、ITツールを活用した生産性向上が求められていますが、コストや従業員のITスキルが課題となり、導入が進んでいないのが現状です。
キヤノンS&Sはこのたびこうした課題を解決するため、見積作成WEBシステムと販売管理システムをRPAで自動連携させ、中小企業の営業活動効率化を支援する「お手軽見積サービス」の提供を開始します。
[画像: (リンク ») ]



新サービス「お手軽見積サービス」は、株式会社NIコンサルティング(以下NIコンサルティング)の見積作成WEBシステムと、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下OBC)、ピー・シー・エー株式会社(以下PCA)※1、応研株式会社(以下応研)の各販売管理システムを、ユーザックシステム株式会社(以下、ユーザックシステム)のRPAツールで連携させ中小企業向けにシナリオをテンプレート化したサービスです。お客さまは本サービスを導入することで、インターネットに接続できる環境であれば社外においてもクラウド上で見積作成、承認ができるようになり、スピーディーな見積提示が可能になります。見積書作成時のミス予防や価格間違いのチェックを行い、精度や効率をさらに上げるためのAI(人工知能)機能も搭載しています。あらかじめ会社として統一した見積フォーマットを用意して使用することができ、またクライアントPC内に見積データを残さないことで内部統制にもつながります。顧客情報や商品マスタを一元管理することが可能で、さらに作成した見積書の内容は、RPAで自動的に販売管理システムと連携されるため、受注データへの二重入力の手間や入力ミスを削減することができ、営業活動の効率化が期待できます。すでにOBCの「商奉行」、PCAの「PCA商魂」、応研の「販売大臣」を使用中のお客さまは、NIコンサルティングの見積作成WEBシステムとユーザックシステムのRPAツールのみ導入することで、「お手軽見積サービス」として連携可能です。

キヤノンS&Sは、初期の連携設定作業や操作指導などの導入支援サービスを実施するため、社内にITやRPAの専門知識を持つ人材がいなくても、簡単に導入することができます。設定完了後はすぐに販売管理システムから連携されたデータを使った見積作成が可能な状態になります。

キヤノンS&SはITベンダーと強固な協業体制を構築し、ITを活用したソリューションでお客さまの人材不足、事業承継問題、業務プロセスの見直しや生産性向上を、全国約170拠点のセールスやサポートメンバーがワンストップで対応することで、中小企業向けのITソリューションビジネスを展開していきます。

キヤノンマーケティングジャパングループは2019年から3か年の中期経営計画において、ITソリューション事業の売上高目標を2025年までに3,000億を達成することを掲げています。その中でキヤノンS&Sが中核を成すエリアビジネスユニットでは、2018年に581億円の売上高実績を2021年には684億円まで拡大させる計画です。キヤノンS&Sは保守サポート領域の拡大やお客さまのIT活用のパートナーになることで、中小企業向けのITソリューションビジネスを強化、拡大していきます。
 
キヤノンS&Sは、「お手軽見積サービス」を2022年12月末までに累計700社以上に導入することを目指します。

※1:PCAの販売管理システム「PCA商魂」との連携は、11月以降に対応予定です。


■価格
【ランニング費用 年額】(税別)


[表1: (リンク ») ]



【初期費用】(税別)


[表2: (リンク ») ]



※連携する販売管理ソフトの費用及び導入費用は含みません。

<パートナー企業からのエンドースメント>

株式会社NIコンサルティング 代表取締役 長尾 一洋 様
株式会社NIコンサルティングは、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様の「お手軽見積サービス」の発表を心より歓迎いたします。
働き方改革が叫ばれる中、本サービスにより、株式会社NIコンサルティングの「Sales Quote Assistant」で作成した見積書データを、RPAを介して自動的に販売管理システムに受け渡すことで、 生産性向上をもたらす業務改革が実現されます。
今後も株式会社NIコンサルティングは、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様との協業を通じて、中堅・中小企業のお客さまの経営課題解決、業績向上を支援してまいります。

株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長 和田 成史 様
キヤノンシステムアンドサポート株式会社における「お手軽見積サービス」のリリースを心より歓迎いたします。
OBCは、これまで20年の長きにわたり、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様のユーザーファーストのサポートの下、多くの奉行製品・サービスを提供し、お客さまの業務改善を実現してまいりました。企業における生産性向上と働き方改革が喫緊の課題となっている現在、既存のお客さまにも、またその他のお客さまにも提供が可能な「お手軽見積サービス」は多くの企業の課題を解決し、更なる顧客満足度の向上を達成できることを強く信じております。
今後、両社および関係各社のさらなる緊密な協業により、「お手軽見積サービス」と「商奉行」が共に発展することを期待しています。

ピー・シー・エー株式会社 代表取締役社長 佐藤 文昭 様
中小・中堅企業向け基幹業務ソフトを開発・販売するピー・シー・エー株式会社は、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様の「お手軽見積サービス」の発表を心より歓迎いたします。
本連携により、見積データを「PCA商魂」の受注データとして自動連携することで、データ入力作業を軽減し、業務効率を大幅に向上させ、お客さまの働き方改革に貢献できると確信しています。
今後もピー・シー・エー株式会社は、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様と協業し、お客さまのビジネスの発展を支援してまいります。

応研株式会社 代表取締役社長 原田 明治 様
応研株式会社は、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様の「お手軽見積サービス」のスタートを心より歓迎いたします。
株式会社NIコンサルティング様の見積作成WEBシステムおよびユーザックシステム株式会社様のRPAツールの組み合わせと、弊社の販売管理システム「販売大臣」との連携により、中小企業における営業活動の飛躍的な効率化を実現し、より高い価値をお客さまにご提供できるものと強く確信しております。

ユーザックシステム株式会社 代表取締役社長 石井 伸郎 様
ユーザックシステム株式会社は、中堅・中小企業向けの業務自動化ソフト「RPA」を開発・販売する上で、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様の「お手軽見積サービス」の発表を心より歓迎いたします。
当サービスにより、見積データを販売管理の受注データとして自動連携でき、データ入力作業が軽減し、業務効率を大幅に向上させ、お客さまの働き方改革に貢献できると確信しています。
業務の自動化は弊社の目指す働き方改革提案の中核となっており、弊社のRPA「Autoジョブ名人」を当サービスにご採用いただいたことで、より一層、キヤノンシステムアンドサポート株式会社様との協業を促進し、お客さまのビジネスの発展を支援してまいります。

<パートナー企業の会社概要>

株式会社NIコンサルティング
代表取締役:長尾 一洋 設立:1991年3月 資本金:2億1,000万円 従業員数:80名
事業内容:コンサルティング事業、コンサルティングパッケージ事業、M&A事業。

株式会社オービックビジネスコンサルタント
代表取締役社長:和田 成史 設立:1980年12月 資本金:105億1,900万円 従業員数:794名
事業内容:ビジネスソリューションテクノロジー及びITソリューションテクノロジーの開発販売、プロダクトに対する保守・導入指導等のサービス提供。

ピー・シー・エー株式会社
代表取締役社長:佐藤 文昭 設立:1980年8月 資本金:8億9,040万円 社員数:377名
事業内容:コンピューターソフトの開発および販売。

応研株式会社
代表取締役:原田 明治 設立:1985年4月 資本金:4億9,000万円 社員数:213名
事業内容:大臣シリーズの開発・販売・保守・サポート・導入指導。

ユーザックシステム株式会社
代表取締役社長:石井 伸郎 設立:1971年7月 資本金:9,750万円 従業員数:105名
事業内容: RPA・業務改善ソリューション「名人シリーズ」の開発、販売。中堅企業の基幹システムの構築、サポート。


● 一般の方のお問い合わせ先 : キヤノンシステムアンドサポート株式会社 
                ITソリューション推進部 0120-552-023
●「お手軽見積サービス」ページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]