編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

静岡初進出!「リトルプラネット ららぽーと沼津」が本日10月4日(金)オープン!

株式会社プレースホルダ

From: PR TIMES

2019-10-04 08:00

全国初登場のアトラクションやARフォトスポットなど新要素が満載!大人料金が半額になるオープニングキャンペーンも実施

 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」( (リンク ») )を運営する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、10月4日(金)開業の「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」(静岡県沼津市)に、静岡初進出となる7つ目の常設パーク「リトルプラネット ららぽーと沼津」をオープンいたします。



[画像1: (リンク ») ]


 リトルプラネットは、テクノロジーを駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや影絵遊び、紙相撲など昔ながらの遊びにAR(拡張現実)などのデジタル技術が融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。

 7つ目の常設パークとなる「リトルプラネット ららぽーと沼津」では、185坪の敷地に全国で人気を集めるデジタルアトラクション13種が集合します。新感覚のお料理アトラクション「COOKIN’ BOO(クッキンブー)/ブーの切り分けシェフ」は全国初登場となります。
 パーク内には床で寝そべって過ごせる「リフレッシュエリア」を初めて設置し、遊びの合間にファミリーでリラックスしながら休憩することができます。

 またパークの外壁には、イメージキャラクター「モグー」と一緒に写真が撮れる“ARフォトスポット”が初登場し、パークの外でもリトルプラネットの世界をお楽しみいただけます。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]




名称:リトルプラネット ららぽーと沼津
所在地 :静岡県沼津市東椎路字東荒301番地3 ららぽーと沼津 1F
オープン日:2019年10月4日(金)
区画面積:185坪
アトラクション数:13種
公式サイト: (リンク »)
ご利用料金:子ども・おとな 30分各800円(15分ごとに延長可能)。1日フリーパスは子ども:平日1,800円・休日2,400円、おとな:平日900円・休日1,200円(休日は先着200名まで)


2019年12月1日(日)まで、リトルプラネット公式アプリ( (リンク ») )またはLINE公式アカウントの登録で大人料金が半額になるオープニング特別キャンペーンを実施しています。

■国内初登場のアトラクション「COOKIN’ BOO(クッキンブー)」とは
 「COOKIN’ BOO」は、頭と体の両方を使って“お料理切り分けバトル”が楽しめる新感覚のお料理アトラクションです。レストランに集まった食いしん坊の新キャラクター「ブー」たちのリクエストにあわせて、スクリーンに現れる料理と人数を瞬時に読み取り、専用のスティックを素早く動かして制限時間内により多くの料理を正確に等分することで、高得点が獲得できます。楽しく遊びながら「図形の等分」の感覚を磨くことができます。

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


■モグーと一緒に写真が撮れる”ARフォトスポット”が登場!
 リトルプラネットの遊びがさらに広がるスマホアプリ「AR PLAYGROUND」(エーアール プレイグラウンド)をダウンロードして、パーク外壁の小さな扉のそばにあるモグーのイラストにアプリのカメラを向けると、AR(仮想現実)技術で現実世界の中に「モグー」が飛び出し、一緒に写真を撮ることができます。

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


【アプリ「AR PLAYGROUND」ダウンロードURL】
App Store (リンク »)
Google Play  (リンク »)

■「オリジナル深海水族館 powered by リトルプラネット」がららぽーと沼津1階に登場!
 10月4日から11月30日まで(予定)の期間限定で、沼津市の皆さんが描いた“空想の深海魚”のぬりえをリトルプラネットが映像化しました。
 1階センターコート「ひかりの広場」の大型デジタルサイネージが深海水槽となり、たくさんのユニークな深海魚たちが画面いっぱいに泳ぎ回ります。(毎日1時間に1回(1分程度)放映予定)

[画像9: (リンク ») ]



<リトルプラネット ららぽーと沼津のLINE公式アカウントがオープン!>
[画像10: (リンク ») ]


【リトルプラネットのアトラクションイメージ】

AR砂遊び「SAND PARTY!」
[画像11: (リンク ») ]


デジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」
[画像12: (リンク ») ]


光と音のデジタルボールプール「ZABOOM」
[画像13: (リンク ») ]


デジタルスプレー「SPRAY PAINTING」
[画像14: (リンク ») ]


デジタル算数パズル「NUMBER SPLASH」
[画像15: (リンク ») ]


お絵かき3Dカーレース「SKETCH RACING」
[画像16: (リンク ») ]


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者 :代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
資本金:3億5,615万円
設立日:2016年9月
事業内容 :デジタルテーマパーク事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL: (リンク »)

【代表者プロフィール】
代表取締役CEO
後藤 貴史(ごとう たかふみ)
1985年静岡県富士市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。大学在学中の2007年11月に株式会社ポケラボ創業、代表取締役就任。ゲーム事業を中心に従業員数300名規模に拡大。2011年11月代表を退任・交代し、新規事業としてスマートフォンゲーム事業を立ち上げ。 2012年10月、グリー株式会社と戦略的業務提携、同社の完全子会社となる。 2016年3月ポケラボを退職後、同年9月株式会社プレースホルダを創業、代表取締役CEO就任。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]