編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

人間の視覚能力をはるかに超えた「高速ビジョン・プラットフォーム」の実装加速化に向け、ワークショップを開催

株式会社 エクスビジョン

From: PR TIMES

2019-10-04 11:55

~ファクトリーオートメーション分野におけるソリューションを紹介~

株式会社エクスビジョンは、「高速画像処理技術」の普及・実用化を目指す「WINDSネットワーク」と連携し、「高速ビジョン・プラットフォーム」上で開発したシステムの実装事例などを紹介するワークショップを10月15日(火)に開催します。現在開発中の最新「FA向け検査ソリューション」を紹介するとともに、FAにおける「錠剤の高速外観検査と計数」実演デモンストレーションや個別相談を行います。

 株式会社エクスビジョン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤井照穂、以下:エクスビジョン )は、「高速画像処理技術」の普及・実用化を目指す「WINDSネットワーク」(注1)と連携し、エクスビジョンの「高速ビジョン・プラットフォーム」上で開発したシステムの実装事例などを紹介するワークショップを10月15日(火)に開催します。

 本ワークショップでは、ファクトリーオートメーション(以下、FA)分野における「高速ビジョン・プラットフォーム」を活用した実装例の加速化に向け、「高速ラインにおける 全数/外観 検査システムの実現」をテーマに、開発中の最新「FA向け検査ソリューション」を紹介します。また、FAにおける「錠剤の高速外観検査と計数」の実演デモンストレーションや個別相談も行います。

 労働人口減少や人手不足が唱えられる中、企業が「高速ビジョン・プラットフォーム」上で開発したシステムを実装することで、高速画像処理技術を容易に応用することが可能となり、FAのスピードや生産性を維持しながら、安定した品質チェックや職人の熟練した経験に基づく作業を再現し、技術を伝承することができます。

 エクスビジョン は、様々な分野のパートナーとソリューションを開発することにより、世界中の産業へより高い品質と生産効率、高い安全性と信頼性を提供し、より豊かな生活の実現をサポートします。次世代センシング&コントロール テクノロジーである「高速ビジョン・プラットフォーム」の普及と実装を通じて、産業に、社会に、人々の生活に、新しい価値を創出していきます。


◆概要:
1.  テーマ:「高速画像処理技術応用のためのワークショップ」 
       ~高速ラインにおける全数/外観 検査システムの実現~

2.  内容:
  A) 当社 インダストリーソリューション事業部 研究開発部長 永淵健治による
   「FA向けの最新検査ソリューション」の紹介
  B)「錠剤の高速外観検査と計数」の実演デモンストレーション
  C) 個別相談など

3. 開催日時:2019年10月15日(火)10:30~15:15(個別相談会12:00~15:15)

4.  会場:東京大学 伊藤国際学術研究センター 中教室(3F)
     〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

5. 参加費:無料

6. 定員:15社様 
  *定員を超えるご応募の際には「具体的な相談内容をお持ちの会員企業様」を優先する場合があります。

7. 参加条件: WINDSネットワーク会員登録(無料)が必要となります。
       登録方法などの詳細はWINDSネットワークのウェブサイトを参照。

8. お申し込み方法:
  ◦会員の方はウェブサイトよりお申し込みください
  ◦会員以外の方は、info@exvision.co.jp宛に、件名「10/15 ワークショップ参加申込」と明記の上、
   氏名、企業名、所属部門、役職、電話番号、E-mailアドレスをお送りください。

9. URL: (リンク »)


(注1)WINDS ネットワークとは
「WINDSネットワーク」は、東京大学大学院で研究されてきた「高速画像処理技術」を飛躍的に進化させ(高速化、高精度化、省エネ化)、様々な産業分野へ応用展開することにより、産業の活性化を図るとともに、新規産業分野の創出を目指し、2016年に設立されました。「WINDSフォーラム」と「WINDSアライアンス」より構成されており、高速画像処理技術の情報交換の場を提供するコンソーシアムです。「WINDSフォーラム」では、技術セミナーや情報交換を通じて、高速画像処理技術に関する情報を提供します。「WINDSアライアンス」では、画像処理用途で先行する応用事例の検討や実装・評価を行い、技術応用の可能性を議論します。2019年5月現在、190組織(173法人)の会員が参加。


◆エクスビジョン とは
株式会社エクスビジョンは、東京大学大学院 石川・妹尾研究室で研究開発された高速画像処理技術の実用化をミッションに、2009年に設立されました。エクスビジョンの「高速ビジョン・プラットフォーム」上で開発されたシステムは、極めて高速に移動する対象物の様々な情報を“リアルタイム”に認識して処理できる、人の視覚能力をはるかに超えた次世代センシング&コントロール テクノロジーです。農業、道路や鉄道などの社会インフラ整備、エンターテインメント、スポーツ、ファクトリーオートメーション、ロボット等、幅広い領域において、お客様の課題解決・価値創造に有効です。また、今後普及が見込まれる協働ロボット等へも、その応用が可能です。様々な分野のパートナーとソリューションを開発することにより、世界中の産業へより高い品質と生産効率、高い安全性と信頼性を提供し、より豊かな生活の実現をサポートします。エクスビジョンは、「高速ビジョン・プラットフォーム」とソリューションの提供を通じて、産業に、社会に、人々の生活に、新しい価値を創出してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]