編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

海の再生を目的とした「東京湾環境一斉調査(生物調査)」に参加

出光興産株式会社

From: PR TIMES

2019-10-04 14:25

-お台場海浜公園周辺の干潟で18種類、約340の生物を確認、東京湾の保全に貢献-

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一、トレードネーム:出光昭和シェル 以下、当社)は、「東京湾環境一斉調査(生物調査)」※に参加し、9月25日に東京都港区お台場で生物調査を実施しました。



当社は東京湾沿岸に立地する企業として、東京湾の生物多様性の保全に継続的に貢献することを目的に、本調査主催団体のひとつである「東京湾再生官民連携フォーラム」に参画しています。8月に実施した水質調査に続き、お台場周辺海域で生物調査を行いました。
[画像1: (リンク ») ]


今回の東京湾環境一斉調査には、企業や市民団体を含む合計155 機関が参加表明し、うち20機関が生物調査に参加しています。なお、水質調査・生物調査の両方に参加した機関は当社含めて8機関でした。当日は、お台場海浜公園周辺の干潟で生物調査を行い、ボラやカニ等18種類、約340の生物を確認し、報告しました。
[画像2: (リンク ») ]


当社は、社会的責務である安全で安定的なエネルギー供給の実現を目指すとともに、東京湾環境一斉調査への参加をはじめとする環境保全活動に積極的に取り組み、持続可能な生態系・生物多様性の保全に貢献します。
[画像3: (リンク ») ]



【確認された生物】


[表: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]