編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

賃貸マンションは徒歩8分以内で探す方が4割超え!?

株式会社クレアスライフ

From: PR TIMES

2019-10-04 14:25

~都心の賃貸ワンルームマンションに住む142人にアンケート調査~



不動産投資で生活を豊かにするサイト“不動産投資スクエア”サイト(運営会社:株式会社クレアスライフ)では、都心の賃貸ワンルームマンションに住む方142人にアンケート調査を実施しました。

---------------------------------------------------------------------------------------
アンケート結果についてはこちらから:
(リンク »)
---------------------------------------------------------------------------------------

東京都心の賃貸需要は高止まりが顕著ですが、都心であっても最寄り駅から徒歩10分以上など遠いマンションでは、都心の利便性を享受することができません。
また、都心で快適に生活するには、立地だけでなく、マンションの周辺環境、設備面なども確認を怠ってはいけないポイントとなっています。

今回、こうしたエリアに賃貸マンションを借りている方々に対して、物件選びのポイント、マンション選びで優先すること、家賃に関する考え方などを聞いてみました。

---------------------------------------------------------------------------------------
アンケート回答者:都心の賃貸ワンルームマンションに住む142名
アンケート回答期間:2019年6月1日~2019年6月30日
※すべての回答の平均ではなく回答が有効なものの平均となります。
---------------------------------------------------------------------------------------

以下の設問に対する回答をご覧ください。

■駅からの徒歩分数はどこまでで絞ったか?

設問:マンションを探す場合、駅からの徒歩分数はどこまでで絞りましたか?

一番多かった回答は、「徒歩10分以内」で39.4%となりました。次いで、「徒歩15分以内」が19.7%ありましたが、「徒歩5分以内」が19.0%、「徒歩8分以内」が16.9%、「徒歩3分以内」が3.5%、と続きました。
[画像1: (リンク ») ]

単身者の物件選びのポイントとして、最寄り駅から徒歩10分圏内というのが、1つの基準としていわれますが、8分や5分以内で探している方も少なくありません。

もし徒歩10分のマンションのマンションがあった場合、徒歩10分以内、徒歩15分内で探している方、全体の約60%の方に検討してもらえます。
さらに徒歩8分でしたら約75%、徒歩5分でしたら約95%の方に検討してもらえます。

単身者は職住接近を求める方が多いため、このような結果になったことも頷けます。

ただ、山手線沿線の新宿や渋谷、池袋のようにそもそも駅前が商業地でマンションがないエリアもありますので、駅からの距離だけで判断はできません。わかりやすい例では、新宿から徒歩10分と、新宿から電車で10分の駅の駅前では、圧倒的に新宿から徒歩10分の方が家賃も高く人気が高くなります。


■物件選びの際に何物件検討したか?

設問:今のマンションを選ぶまで何件の物件を実際に見学しましたか?

僅差になりましたが、「3物件」が27.5%と最も多い結果となりました。次いで、「今の物件だけで決めた(1物件)」が23.2%、「2物件」が23.2%と並び、その次に多い「5物件超」の12.7%と比較すると約2倍の差がつきました。
[画像2: (リンク ») ]

この設問から、都心のワンルームマンションに住む方の73.9%が、「3物件以内」に住居を決めていることがわかります。このことから、単身世帯の方は物件選びにあまり時間を使わないことが推測できます。

賃貸マンションを選ぶ基準は人それぞれですが、単身世帯であれば自分の好みで選ぶことができるため、物件選定の時間が短く検討する物件も少ないのかもしれません。


■物件選びのポイントは?

次に、賃貸マンションを検討している方が、「立地・周辺環境」と「物件・設備」それぞれで、どういった点を重要視しているかを、複数選択形式で聞いた結果をみていきましょう。

まずは、「立地・周辺環境」についてです。

設問:立地や周辺環境で、今のマンションを選んだ最も重視したポイントを3つ選んでください。

結果として、「通勤・通学に便利な立地」が90.8%、「公共交通機関へのアクセスの良さ」が80.3%と圧倒的に多い結果となりました。次点は、「日常的な買い物施設、飲食店などへのアクセスの良さ」で57.0%です。
[画像3: (リンク ») ]

次に、「物件・設備」を確認します。

設問:物件や設備に関することで、今のマンションを選んだ最も重視したポイントを3つ選んでください。

「物件の広さや間取り」が67.6%と最も多い結果となりました。ついで「物件の築年数」50.7%、「物件のセキュリティ性」40.1%となっています。
[画像4: (リンク ») ]

「立地・周辺環境」の結果も踏まえると、立地やアクセスの良さ、広さ、間取りが物件選びに大きく寄与していることがわかりますが、立地やアクセスの良さは何よりも重要視している部分だと考えられます。

これは昔から変わることのない傾向であり、都内に住む単身世帯共通の望みなのかもしれません。


■まとめ

賃貸マンション選びの決め手について調査しました。都内のワンルームマンションで暮らしている方のほとんどが、最寄り駅から徒歩10分以内の場所で物件を探していることがわかりました。

また、物件選びのポイントは昔から変わらず「通勤・通学に便利な立地」、「公共交通機関へのアクセスの良さ」、「物件の広さや間取り」が優先されるようです。


---------------------------------------------------------------------------------------
アンケート結果についてはこちらから:
(リンク »)
---------------------------------------------------------------------------------------

【不動産投資で生活を豊かにするサイト“不動産投資スクエア”サイト】
(リンク »)

【運営会社“株式会社クレアスライフ”コーポレートサイト】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]