編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ファンド決算業務を半自動化!投資先の管理ツール「FUNDBOARD」がファンド決算書の自動作成機能をリリース

株式会社ケップル

From: PR TIMES

2019-10-04 15:45

株式会社ケップル(本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 神先孝裕、以下ケップル)は、VC・CVC・事業会社など未上場会社に投資をしている投資家向けの投資先管理ツール「FUNDBOARD」において、投資事業有限責任組合(以下ファンド)の決算書に添付する投資先毎の概況書類(投資先会社等の状況及び主要な財務数値)の自動作成機能をリリースしました。



【出力サンプル:ファンドの決算書に添付する投資先毎の概況書類】
[画像: (リンク ») ]


これまで、VC・CVCや事業会社、PEファンドなどは、ファンド決算業務に多くの時間が割かれており、特にファンド決算書に添付をする投資先毎の概況書類の作成に多くのリソースが割かれておりました。この度、FUNDBOARDではファンドの決算業務を効率化し、投資業務や投資先の支援業務により集中していただくために、ファンド決算書に添付する投資先概況書類の自動作成機能をリリースいたしました。

FUNDBOARDに入力された投資先の基本情報、投資情報(資本政策)、財務情報から、自動で投資先毎の概況資料が作成され、Excelで出力することが出来ます。FUNDBOARDを使えば、決算の度に多くのExcelを加工したり、情報を入力したりする必要がありません。

【FUNDBOARDの詳細はこちら】
(リンク »)

FUNDBOARDは、投資家の皆様が投資業務や投資先の支援業務により集中できる環境を整えることができるよう、引き続き機能開発に注力して参ります。


株式会社ケップルについて
株式会社ケップルは、「Create New Industries」をビジョンに掲げ、スタートアップや投資家のバックオフィス業務を支援してきました。2018年8月に投資先の管理ツール「FUNDBOARD」をリリース。2019年8月には投資家とスタートアップのための学びの場「ケップルアカデミー」をリリース。これらサービスを軸として、世界中のスタートアップと投資家を支援することを目指しています。
********************
本件に対する問い合わせ 下記お問い合わせ先までご連絡ください。
株式会社ケップル TEL:(03)6277-5760 E-mail:contact@kepple.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]