編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RICHKA Ad、写真の自動背景切り抜き含む複数機能を追加搭載

カクテルメイク株式会社

From: PR TIMES

2019-10-04 15:45

動画広告のクオリティが劇的に向上、よりリッチな映像表現を可能に。

運用型広告のCPAグロースハックツール「RICHKA Ad(リチカ アド)」を運営するカクテルメイク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松尾 幸治 以下、当社)は、制作物のクオリティを底上げする複数機能をアップデートしたことをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]



背景やテキスト色が一瞬で変更できるように

[画像2: (リンク ») ]


自社商品のトーン&マナーや世界観に近づけるように、カラー変更機能をリリースしました。もちろんカラーコードでの指定も可能です。


写真の人物、商品だけをワンクリックで切り抜けるように

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

静止画素材の背景を自動透過する機能をリリースしました。たった1クリックでAIが人物や商品を自動で判別し、背景を透過処理します。素材加工はプロクリエイターでも工数がかかる作業の一つでしたが、その工程を排除することで、よりリッチな表現が可能です。
*βテスト中のため、思った通りの処理が行われない場合がございます。


PDFからも画像を抽出できるように(β版)

[画像5: (リンク ») ]

PDFファイルからAIが自動的に画像となる素材を判別し、広告素材として抽出する機能をリリースしました。使用できる素材がチラシしか無い状況でも動画広告を制作することが可能です。
*βテスト中のため、思った通りの処理が行われない場合がございます。

今後も、専門知識がなくてもよりリッチな映像表現ができるように、ユーザーフレンドリーなプロダクト開発を進めてまいります。


RICHKA Ad(リチカ アド)について

[動画: (リンク ») ]



(上記動画もRICHKAで作成)

導入300社以上、国内導入企業数No.1*の動画生成スマートエンジン「RICHKA(リチカ)」を活用した、運用型広告のCPAグロースハックツールです。広告クリエイターによって開発された動画フォーマットは、配信先、用途に最適化されているため、導入したその日から内製でプロレベルの広告クリエイティブPDCAを行うことができます。また、ユーザーの皆様からの膨大なフィードバックデータを元にクリエイティブ改善を行うため、まるで常にカイゼンを続ける広告クリエイティブチームのように貴社の成功をサポートいたします。

[ウェブサイト] (リンク »)
*企業向け動画生成ツールにおける導入社数

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]