編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

第299回「スーパーシティ特集」Morning Pitchに登壇しました。

ティ・アイ・エル株式会社

From: PR TIMES

2019-10-04 11:00

ティ・アイ・エル株式会社は、デロイト トーマツ ベンチャーサポートと野村証券主催Morning Pitch 「スーパーシティ特集」で登壇させていただきました。

IoTテクノロジーを用いて次世代の生活者体験を創造する、ティ・アイ・エル株式会社( URL: (リンク ») )は自社プロダクト「AI Road heating optimizer」にてデロイト トーマツ ベンチャーサポート・野村證券が共催するMorning Pitch「スーパーシティ特集」(URL: (リンク ») )に登壇させていただきました。



[画像1: (リンク ») ]

【Morning Pitchとは】
Morning Pitchは、毎週木曜AM7時から開催している、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的としたピッチイベントです。 毎週5社のベンチャー企業が、大企業・ベンチャーキャピタル・メディア等のオーディエンス約100名に対しピッチを行います。 2013年1月から開始し、2018年12月時点で全250回超、累計1,200社超のベンチャー企業が登壇しています。 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社、野村證券株式会社の2社が幹事となり開催しています。

[画像2: (リンク ») ]



【発表内容】
北海道ガス株式会社、北海道大学調和系工学研究室と共同開発を行なっている「AI Road heating optimizer」について発表しました。
ロードヒーティングとは、駐車場などの地下に熱源を設置し、熱により地表に積もる雪を融かす設備です。転倒事故の防止、雪かきの省力化を目的に用いられています。

従来型の降雪センサー制御では、熱源の無駄な稼働により維持コストが増大していました。
当社の「AI Road heating optimizer」では、画像認識・ディープラーニング技術を用いて積雪状況を認識し、熱源を制御することで降雪地域におけるエネルギーコストの最適化を可能にしました。
当プロダクトの実証実験結果、海外への展開、技術転用の可能性などについて発表しました。

■「AI Road heating optimizer」の詳細
(リンク »)

■ティ・アイ・エル株式会社について
本社:〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-4 徳海屋ビル2階
北海道テクノロジーセンター:〒001-0021 北海道札幌市北区北21条西12-2 北大ビジネススプリング
URL: (リンク »)
事業内容:IoT、AIテクノロジーを用いたソリューションの研究及び企画・開発

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]