編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「アートへの感動を可視化する実験展 HARTi × LODGE」を10月8日より開催

株式会社HARTi

From: PR TIMES

2019-10-04 10:10

アート作品に触れて感じたその気持ちを、「PayPay」でアーティストに直接送金することができます。金額は自由です。感じたその想いを自由に表現し、アーティストに届けることによって、感性が巡る小さな経済空間を目指します。



アーティストのプロダクション事業を手掛ける、株式会社HARTi(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:吉田勇也)は、ヤフー株式会社が運営する決済サービス「PayPay」と連携した、企画展「アートへの感動を可視化する実験展」を、2019年10月8日(火)~10月31日(木)Yahoo! JAPANのオープンコラボレーションスペース「LODGE」にて開催します。

[画像1: (リンク ») ]




感性が巡る経済圏を作る、その実験的企画展

当社のミッションである「感性が巡る経済圏を作る」を実現のための実験的企画展を行います。アートを鑑賞した人たちが、自分のその感動に対して自由に価格を定め、アーティストに直接「PayPay」を用いて送金することができます。こうした先進的な実験的取り組みを支援する「LODGE」を舞台とし、「自分の感情を視覚化することでアートを新しい角度で楽しむ機会」「アーティストとの新たなコミュニケーションのきっかけ」の創出を目指します。


次世代を担う4名の作家が展示

出展アーティストは4名。全てHARTiにて所属するアーティストです。それぞれ約6日間のローテーションで、それぞれの世界観を発信します。

[画像2: (リンク ») ]

D.Hinklay

スパイダーマン:ホームカミング、現在、海外ドラマ「シリコンバレー(Silicon Valley)」にBertram Gilfoyle役として出演中のMartin Starrや、SlipKnoTのCorey Taylor (Vo)のサイドプロジェクトである (Stone Sour) などへ作品を制作。多くの挑戦者に愛用されるブックフォールディングアーティスト。ルーツでもある折り紙の伝統的な作り方を尊重しながら、本のページを折るだけで作品を制作している。
会期:10月8日(火)~13日(日)


[画像3: (リンク ») ]


大村雪乃

シールを貼るだけで作品が出来上がっていくシンプルな作業による制作プロセスは、子どもから大人まで楽しめるのも特徴。一緒にシールを貼って絵を描くワークショップの開催や、シールアートを手軽に体験できるキットなども提供。ファッションブランドSiseや木村カエラとコラボ作品を発表するなど、多くの人に表現する楽しさを伝えている。2児の母。趣味は編み物。
会期:10月14日(月)~19日(土)


[画像4: (リンク ») ]

すぎやまたくや

世の中の全てをエネルギーと捕らえ、相互に干渉しあい共鳴しあって質を高めている"現実"の様を、線の連鎖で描き出すことをテーマとしている。ファッションブランドTAAKK、Mother's Industryとのコラボレーションや東急プラザ銀座のセレクトショップ「MARcourt DESIGN EYE」の店舗ディスプレイなど幅広く活動。一方で、行定勲監督映画「ピンクとグレー」小路紘史監督映画「ケンとカズ」など俳優としても活動。舞台の脚本・演出を手掛けて自身も出演するなど様々な表現方法を展開。
会期:10月20日(月)~10月25日(金)


[画像5: (リンク ») ]


植田爽介

オンラインゲーム開発企業「コロプラ」の創業者、馬場功淳氏が代表理事を務める、次世代クリエイターの登竜門「クマ財団」の奨学生として、将来を嘱望されている若手アーティスト。
「生物と無生物のあいだ」というキーワードを基に、版画技法や複製技術を用いて有機的な存在と無機的な存在が交じり合う瞬間を視覚化する。
会期:10月26日(土)~10月31日(木)



感じたままに「PayPay」 for ARTIST

会期中、アート作品に触れて感じたその気持ちを、「PayPay」でアーティストに直接送金することができます。金額は自由です。感じたその想いを自由に表現し、アーティストに届けることによって、感性が巡る小さな経済空間を目指します。


働きながらアートを楽しむ空間を

近年、アートは美術館やギャラリーで楽しむだけでなく、オフィスでの導入も増えています。そこで働く人のクリエイティビティをより発揮させ、集中力やモチベーションを高める意味があることで注目されています。多様な働き方をする人が集まるオープンスペース「LODGE」、コンセプトでもある「みんなで『!』を生み出す場所」をアートの力でよりクリエイティブに演出します。

オープンコラボレーションスペースLODGEデザイナー 市川大翔様 よりコメント

アートに触れることは、他者の人生への関心を寄せたり、多様性への寛容さを養っていくことだと思います。
LODGEには個性的な人がたくさんあつまっていて、世間的にも、「個」を生業にしている人が増えているのだなと実感します。そうした時代の中では、他の人の生き方に対して好奇心を持てる感性が重要だと思います。なぜなら、自分の外にある世界に対しての興味関心の中にこそ、イノベーションの可能性が潜んでいるからです。
様々な人が集まるLODGEの場でアートがどのように受け入れるのかという試みとともに、「個」を生きるアーティストたちの作品を間近でみることができる、本展の開催をとても楽しみにしています。


【開催概要】
イベント名:アートへの感動を可視化する実験展 HARTi × LODGE
日時:2019/10/8(火)~2019/10/31(木)
展示時間:10:00 - 20:30
場所:オープンコラボレーションスペース LODGE
東京都千代田区紀尾井町2-1 紀尾井ガーデンテラス 17階
参加費:無料
LODGEへのご入館にはYahoo! JAPAN IDと身分証が必要です。
(リンク »)

イベントページ: (リンク »)

【株式会社HARTiについて】
HARTiの社名は「Say Hi to ART you've never seen ーあなたの知らないアートに出会える場所ー」に由来。「感性が巡る経済を創る」を企業理念にアーティストマネジメント、プロモーション、ブランディング等を展開。
『週刊東洋経済』 特集 2019年最新版すごいベンチャー100にて採択、掲載。

代表取締役:吉田勇也
事業内容:アーティストのプロダクション事業
設立:2019年2月18日
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]