編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

プロCFOによる自治体財政・経営戦略アシストへ向け官民連携事業研究所とリンクスが業務提携

株式会社リンクス

From: PR TIMES

2019-10-04 16:55

「世の中を変える起業家を支援し、ベンチャーのエコシステムを創る」を経営理念とし、スタートアップの資金調達コンサルティング「レンタルCFO」を展開する株式会社リンクス(東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 吾朗 以下、リンクス)と、日本全国で様々な自治体に政策と融合する民間事業を提案する株式会社官民連携事業研究所(大阪府四條畷市、代表取締役:鷲見 英利 以下、官民連携事業研究所)は、CFOによる自治体との連携民間企業の選定及び官民連携事業の自治体財政への連動、また自治体経営戦略への活用モデル構築へ向け2019年9月30日に業務提携を締結しました。



[画像: (リンク ») ]




業務提携の背景



少子高齢化により年々明らかに目減りする人口・税収を前に、特に地方部の自治体からは大変厳しい財政状況に苦慮する声が目立ちます。着実な経営・財務戦略立案が喫緊の課題として挙げられる中、多くの自治体では一般に会計士、税理士など財務の専門家が不在であるにも関わらず、限られた知的・人的リソースでプラン作成やアカウンタビリティを果たすことが求められています。
こうした背景を鑑み、リンクスと官民連携事業研究所は公民連携事業提案に際し、地方財政制度との連動を図りながら「レンタルCFO」選定の優良スタートアップ企業の事業提案を実施します。リンクスは2015年の創業より150社以上の案件に携わり、創業期企業の総務、経理、経営企画等総合的に管掌しながら延べ60億円の資金調達をクローズしています。これらの財務的知見をもとに、リンクスはスタートアップの財務支援制度の独自性との伴走を図り、官民連携事業研究所と共同で自治体経営戦略の策定も目指します。




業務提携の内容



財務戦略のプロフェッショナル「CFO」が支援するスタートアップ企業の強みを日本全国の自治体の政策に活用すること
日本全国の自治体自身の財政との連動により、自治体運営にも活用するモデルを構築する
リンクスが持つ有益な官民連携事業を官民連携の有するデータベースに掲載し、他自治体が活用する機会を創出する




株式会社官民連携事業研究所 について



本社:〒575-0002 大阪府四條畷市岡山1-3-12 上邨ビル2F
H P: (リンク »)
代表:代表取締役社長 鷲見 英利
設立:2018年11月28日
事業内容:日本国内における官民連携事業の推進など

株式会社リンクス について
所 在 地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町13-4 201
H P: (リンク »)
代表:代表取締役 鈴木 吾朗
設立:2015年3月31日
事業内容: 資金調達コンサルティング「レンタルCFO」事業、M&Aアドバイザリー業務、ビジネスアライアンスサポートなど





プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]