編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

乳がん、子宮頸がんについて学ぶ「おかずクラブと学んで発見、ヘルスアカデミー」に登場!オカリナさん「好きなことを楽しむために年一回の検診を」ゆいPさん「周りの方の声掛けも検診のきっかけに」

株式会社ミュゼプラチナム

From: PR TIMES

2019-10-05 04:35

ミュゼプラチナム×渋谷ヒカリエ 乳がん、子宮頸がん啓発イベント開催

この度、全国に193店舗(※1)のサロンを展開し、売上・店舗数(※2)、顧客満足度No.1(※3)美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』を運営する株式会社ミュゼプラチナムは、10月のピンクリボン月間、11月の子宮頸がん啓発強化月間に合わせて、啓発イベント「woman’s health academy」を10月1日(火)~10月2日(水)の2日間、渋谷ヒカリエで開催。
本イベント2日目に、若者に大人気のお笑い芸人「おかずクラブ」のオカリナさん、ゆいPさんをゲストにお迎えし、乳がんや子宮頸がんに関する知識や疑問、未来の自分を守るためにできることを一緒に学ぶ「おかずクラブと学んで発見、ヘルスアカデミー」を開催いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

 アカデミーでは、オカリナさんは「看護師でしたが、乳がん・子宮頸がんについては知らないことも多いので是非学んでいきたい」、ゆいPさんは「定期的に乳がん・子宮頸がん検診を受けているがあまり詳しくはわかっていない」とのことで、”子宮頸がんが20-30代女性の罹患率1位であること”や”乳房のしこりが梅干しの種のように固くなることがある”などを聞き、驚きながらもお二人とも乳がん・子宮頸がんに関する疑問や意識をトーク時間いっぱいにお話してくださいました。

■アカデミー時のコメント
Q. お忙しいお二人ですが、乳がんや子宮頸がんに対してなにか取り組んでいることはありますか?
A. オカリナさん: 自分は大丈夫だ、と思っていたのですが、昨年初めて乳がん検診を受けました。マンモグラフィー検診でめちゃくちゃぺたんこにされてあまりの痛さにびっくりしました。
  ゆいPさん:20代前半から2年おきの健康診断のたびに乳がん・子宮がん検診を受けています。

Q. オカリナさんは看護師の経歴がありますが、当時のエピソードで印象に残っていることはありますか? 
A. オカリナさん: 看護師時代にお子さんがいらっしゃるお母さんが子宮頸がんの患者さんでした。だいぶ進行している状態だったのですが、旦那さまが全く気付いていなくて。声がけなどを行わなかったのかな、と思いました。大事な人に定期検診をすすめることも大事なのではないかと思います。

Q. 乳がんになりやすいタイプの人を聞いて、自身の健康に不安はありますか?
A. ゆいPさん:昔から色白でぽっちゃりしている人は乳がんになりやすいとは聞いていましたが、お酒やたばこをやらなくても、肥満なだけで確率があがることに驚きです。

Q. 最後に、メッセージをお願いします。
A. オカリナさん: 結婚やパートナーがいない状態でも、好きなことを好きにするために、一年に一度自分の体を知ることが大事だと思いました。
ゆいPさん: お酒もたばこもしないけれど、肥満が原因の一つになることにびっくりしました。昔から色白でぽっちゃりしている人は乳がんになりやすいと聞き、検診にいっていましたが、改めて周りが検診への声掛けをすることが大事だなと思いました。
[画像2: (リンク ») ]

登壇者 左から
一般社団法人シンクパール 代表理事 難波 美智代さん、藤沢女性のクリニックもんま 院長 門間 美佳さん、 おかずクラブ オカリナさん・ゆいPさん、一般社団法人KSHSキチンと手術・ホンネで再建の会 代表理事 溝口 綾子さん

■アカデミー参加者の声
・ リアルな話を聞くことができました。会社に20~30代の女性スタッフもいるので、啓発していき、予防できることは積極的に行っていきたいと思いました。婦人科のかかりつけを作りたいと思います。
・ 一歩間違えればシリアスなムードになりかねない話題を、笑いを交えて親しみやすくレクチャーしてくれて、あっという間の時間でした。職場の同僚や友人にも啓発したいと思います。
・ 文面やネットで見るだけの知識と、実際に医師や経験者の方々の声を生で聞くのは違うなと感じました。スムーズに頭に入ってきたので、良い意味で身近に、もっと当たり前のことのように感じました。
・ 先生方のお話がとても勉強になり、新たな発見がありました。子宮頸がんについては自覚症状がないとのことなので、毎年受診する習慣をつけたいと思います。
・ 我が家は友だちのような親子なので、垣根が低いからこそ、婦人科健診を一緒に受けに行けばいいのだ、と背中を押していただいたように思いました。参加できて良かったです。

■woman’s health academy について
 ミュゼプラチナムと渋谷ヒカリエはこれまで、乳がんや子宮頸がんで悲しむ人をひとりでも減らすため、継続して啓発イベントを開催してまいりました。7度目の開催となる本年は「発見することで私の体を守ってみせる。」をテーマに、これまで同様、乳がんや子宮頸がんについて知っていただく展示物をはじめ、正しい知識を楽しく学ぶことができるコンテンツを多数用意しました。
[画像3: (リンク ») ]

特別協力:渋谷ヒカリエ
協賛:OZmall、ルナルナ、ABC Cooking Studio、My Little Box、マザープラス、大丸松坂屋百貨店
協力:一般社団法人シンクパール、一般社団法人 KSHS

■ゲストプロフィール
[画像4: (リンク ») ]


【おかずクラブ】結成年月:2009年4月1日
出身/入社/入門:NSC東京15期
これがお前らのやりかたか~!ゆいP、オカリナからなる結成10年目の女性お笑いコンビ。
2015年に「おもしろ荘」で優勝。現在は「世界の果てまでイッテQ」などテレビに留まらず映画やドラマなどでも多方面に活躍中。


■ミュゼプラチナムの想い
 ミュゼプラチナムでは、女性のキレイと笑顔を応援するため、ヘルスケアの啓発活動に取り組んでいます。日本全国の女性にご利用いただいているミュゼだからこそできる活動として、店舗でのリーフレット配布や店内POPでの啓発、ミルクローション購入時に付いているシール1枚につき100円が社会活動に活用されるなど、さまざまな活動を行っています。
 ミュゼプラチナムは“いつも女性のそばにいる”という企業特性を生かし、これからも積極的に乳がん、子宮頸がんの啓発活動に取り組んでまいります。

▶ミュゼプラチナムのピンクリボン活動についてはこちら: (リンク »)

(※1)店舗数は2019年9月末日時点
(※2)東京商工リサーチ調べ(2019年7月調査時点/美容脱毛売上比率50%以上を専門店と定義)
(※3)株式会社日本能率協会総合研究所調べ 2018年10月時点


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]