編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

国内初、神戸市の空飛ぶクルマ開発ベンチャーが経済産業省より航空機製造事業許可を取得しました。

SLT

From: PR TIMES

2019-10-05 12:35

スカイリンクテクノロジーズ株式会社、空飛ぶ車、ドローン開発

空飛ぶクルマの開発ベンチャー企業、スカイリンクテクノロジーズ株式会社は2019年9月27日、経済産業省より無人航空機、航空機製造の事業許可を取得しました。



空飛ぶクルマの開発ベンチャー企業、スカイリンクテクノロジーズ株式会社(神戸市 代表 森本修代)は2019年9月27日無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業省より事業許可を取得しました。大手企業を除く、空飛ぶクルマ開発ベンチャーが航空機製造事業の許可を受けるのは国内初となります。当社は従来の移動手段と比べ高速、かつ自家用車のように自由度の高い移動手段を実現する機体開発ベンチャー企業であり、有志団体である空飛ぶクルマの開発プロジェクト「P.P.K.P」(パーソナルプレーン開発プロジェクト)の幹事企業であります。

来る大阪万博に出展
当社は空飛ぶクルマの機体開発を通して、日本の航空業界を発展させたいと考えています。その実現のために2025年開催予定の大阪万博において、有人飛行可能な垂直離陸機(VTOL)の出展を目指して開発を進めており、2019年現在では、検証のための無人飛行のテスト機開発を進めています。
[画像1: (リンク ») ]

 
ティルトウイング×エンジン機の広がる可能性
当社が開発する空飛ぶクルマの特徴は、長距離かつ高速移動を実現するために、翼はティルトウイング、動力はエンジン機を採用。最大800kmの距離を最速で移動できる機体開発を目標としており、東京~大阪間の移動手段はもちろん、従来の交通手段では困難なり離島や山間地域への移動手段としての確立を目指しております。下図は直径800kmの同心円を日本地図上に描いたもので、当社の次世代空飛ぶクルマの飛行能力を表しています。また、飛行時間に余裕があるため、安全性に考慮した機体となります。
[画像2: (リンク ») ]


パートナー企業様を募集
当社はよりよい空飛ぶクルマの機体開発を進めるために、企業様との協力関係構築を重視しております。開発現場のご見学やお打ち合わせなどお気軽にお問い合わせください。

会社概要
スカイリンクテクノロジーズ株式会社
住所:兵庫県神戸市西区平野町印路995-1
代表:森本修代
設立:2019年5月
資本金:1,000万円

有志団体
P.P.K.P パーソナルプレーン開発プロジェクト
(リンク »)
住所:兵庫県神戸市西区平野町印路995-1
設立:2016年12月

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]