編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

E-inkパネル搭載の13.3インチ大型E-ink Androidタブレット Boox Max3 発売のお知らせ

SKT

From: PR TIMES

2019-10-07 10:00

業務や学習において電子情報の閲覧が必要な方にとって最適な一台

SKT株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:西村京子)は、Onyx Internatinal の Boox Max3 を、2019年10月4日金曜日に本店及びAmazon及びYahooショッピングの各店舗において89800円(税抜)で発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]


【Boox max3について】
「Boox Max3」は、Google Playが使える13.3インチE Inkを搭載したのAndroidタブレットです。前回のBoox Max2 Proから大幅に進化しました。

昨今の学校やビジネスの現場においても、様々な用途としてご使用いただける仕様になっております。サイズや重量は、309.8*227.8*6.8mm、490gと従来のMax2 Proよりも10%ほど薄く軽くなりました。ペンの形状も大きくなって握りやすい三角形に変更されたため、長時間使用しても疲れにくくなりました。

[動画: (リンク ») ]




【特徴1:CPUやソフトウェアの大幅な進化】


[画像2: (リンク ») ]

オクタコア&2gHzで動作するCPUに変更されました。これにより各種アプリを高速に動作させることができるようになりました。また、回転機能をステータスバーから呼び出すことができるため、Kindle等の電子書籍アプリを見開き表示で表示させることも手軽に行えます。

【特徴2:急速充電やUSB OTGに対応】
[画像3: (リンク ») ]


Type-Cから充電においてはQC(クイックチャージ)3.0に対応。4300mAhの大型バッテリーを2.5時間で急速充電することができます。

デュアルマイク及びデュアルスピーカーになりました。これにより音声認識で入力する際も適切に聞き取ります。(音声認識は現状、英語と中国語のみ)

USB OTGに対応。Boox Max3に有線キーボードを繋いで作業ができます。付属のTFカードを使えば、容量を512GBまで拡張できます。

[画像4: (リンク ») ]

【特徴3:セキュリティと利便性を両立させた指紋認証機能】

指紋認証機能を搭載しました。pinコードの設定後、指紋を登録してロック解除をお手軽に行えます。
[画像5: (リンク ») ]

【特徴4:新たなモードが追加されたHDMIセカンドモニタ機能】

HDMIセカンドモニタ機能は、従来のノーマルモード、スピードモード、A2モードに加えて、ウェブサイト等の閲覧に優れたXモードが搭載されました。これにより、画面の状態に応じてより適正に表示できるようになりました。
[画像6: (リンク ») ]

この発売はOnyx Internatinalも同じ10月7日(月)にアマゾンにて行います。どちらの店舗であったとしても保証は同じメーカー保証の1年になります。

【SKTのHP】
(リンク »)

【amazon店舗】
(リンク »)

【ヤフー店舗】
(リンク »)

参考資料に詳細なスペック情報を一覧で記述しております。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]