編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

幻の傑作ミステリ発掘!鮎川哲也賞佳作『毒殺倶楽部』、なんと13年の時を経て本日発売!!

株式会社朝日新聞出版

From: PR TIMES

2019-10-07 11:14

鮎川哲也賞佳作を受賞しながらも13年ものあいだ世に出ていなかった傑作ミステリ、万を持しての発売!
受賞者は麻見和史氏・佳作同時受賞者は似鳥鶏氏、と今や日本ミステリをけん引する作家たちを輩出した第16回鮎川哲也賞で佳作の栄冠を得ながらも、なぜか刊行されることなく“幻の受賞作”として眠っていた『毒殺倶楽部』がついに世に出ます。



[画像1: (リンク ») ]

●逆転につぐ逆転に夢中になること間違いなし!
大学同期の山下香織と高野祐司は、サークルOB会の帰宅途中、道端で車に轢かれた遺体を発見する。殺されたのは『毒殺俱楽部』をいう小説でデビューした柏原壮という作家だった。単なるひき逃げ事件と思われていたところ、柏原はデビュー作の登場人物たちに殺されたのではないかという噂が広がり始める。小説『毒殺俱楽部』は、毒に魅せられた5人のメンバーが定期的に集い、毒殺をテーマにした物語を披露していくというものだ。そして、そこで語られた殺害方法と、柏原の死亡状況が酷似しているというのだ。半信半疑に思っていた香織だが、毒殺俱楽部のメンバーと接触を図っていた祐司が突然行方をくらましてしまい……。作中作中作という多重世界を舞台に、現実と虚構が交錯する、逆転につぐ逆転のラビリンス。
一気読み必至の“幻の傑作ミステリ”お見逃しなく!
[画像2: (リンク ») ]

毒殺倶楽部 (朝日文庫)
定価:本体740円+税
発売:10月7日
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]