編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

独自のマッチングテクノロジーを活用したM&A企業、株式会社M&A総合研究所が3億円を調達。アルゴリズム開発と人員強化へ投資

M&A総合研究所

From: PR TIMES

2019-10-07 10:47

株式会社M&A総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作、以下「当社」)はPKSHA SPARXアルゴリズム1号を引受先とする第三者割当増資により3億円の資金調達を実施いたしましたのでお知らせ致します。



[画像: (リンク ») ]


当社はAIによるマッチングテクノロジーを駆使した完全成功報酬型のM&A仲介会社です。この度、機械学習や自然言語処理に関するアルゴリズムソリューションを展開する株式会社PKSHA Technologyの子会社である合同会社PKSHA Capitalとスパークス・AI&テクノロジーズ・インベストメント株式会社が運営するPKSHA SPARXアルゴリズム1号から出資を受け、戦略的な提携関係を強化。マッチングテクノロジーの更なる向上と、「データとテクノロジーでM&Aマーケットを変革する」取り組みを進めて参ります。

□株式会社M&A総合研究所について
事業内容:M&A仲介事業
資本金:4.1億円(資本準備金含む)
本社:東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
代表者:代表取締役社長 佐上 峻作

□PKSHA SPARX アルゴリズム1号について
事業内容:日本及びアジアのAI・知能化関連技術を有する未公開企業、当該技術の活用により成長が見込まれるソフトウェア・ハードウェア・関連オペレーションを有する未公開企業への投資・経営支援

□代表プロフィール
代表取締役CEO 佐上 峻作(さがみ しゅんさく)
神戸大学卒。
2015年に創業した株式会社メディコマをわずか1年で株式会社ベクトルに9.5億円で株式譲渡。その後、計10回以上の企業・事業買収を実施。自らのM&A経験を活かし、M&A総合研究所を創業。
M&A Tech(データとテクノロジーでM&Aマーケットを変革する)領域で譲渡企業や譲受企業のマッチングを加速させることで、日本の課題である事業承継問題の解決を促進し、日本企業と社会の発展を目指す。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]