編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「BtoB価格戦略がもたらす利益拡大」と題して、サイモン・クチャー&パートナーズ ジャパン(株)山城 氏/蔵田 氏によるセミナーを2019年11月21日(木)SSKセミナールームにて開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所

From: PR TIMES

2019-10-07 12:22

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2019年11月21日(木)にSSKセミナールーム(港区)にて下記セミナーを開催します。

【最新トレンドを踏まえた2020年代を勝ち抜く日本企業喫緊の課題】
BtoB価格戦略がもたらす利益拡大



セミナー詳細
(リンク »)

■講 師
サイモン・クチャー&パートナーズ ジャパン株式会社
代表取締役社長 山城 和人 氏
マネージャー  蔵田 真也 氏

■日 時
2019年11月21日(木)午後3時~午後5時

■会 場
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
多くの日本企業は、利益獲得の方法として、コスト削減や業務効率化に注力してきた一方、「価格」については、必ずしも十分なリソースの投下や専門的なノウハウの適用が行われておりません。特に、法人相手の取引については、価格弾力性や価格感度を十分吟味せずプライシングやディスカウント提供がなされたり、価格管理においても体系的なガイドラインやルールが存在しないか、あったとしても「なし崩し的」な運用がなされているケースは枚挙にいとまがありません。このような多くの課題が存在するが故、価格戦略の最適化はコスト削減以上に利益改善に貢献する可能性があり、BtoB取引においてその重要度が増しています。
本講義では、価格戦略を通じ、如何にして企業の利益を拡大するかについて知見をご提供させていただきます。

1.なぜプライシングは重要なのか?
2.価格戦略では何を重視すべきか? -脱市場シェア主義-
3.製品価値と顧客の価格感度をどのように価格に反映させるか?
4.どのように販売価格を顧客と取引条件に応じて差別化するか?
5.直接販売における取引制度はどうあるべきか?
6.卸及び特約店・販社に対する取引制度はどうあるべきか?
7.もし価格戦争に陥ってしまったらどうすべきか? -価格競争からの脱却-
8.BtoBで勝つ実際のケース紹介
9.質疑応答/名刺交換

[画像: (リンク ») ]


【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: (リンク »)

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]