編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

スマートフットウェア ORPHE TRACK のアンバサダーにプロトレーナー・コーチら10名が就任

no new folk studio

From: PR TIMES

2019-10-07 11:00

強力なパートナーがアンバサダーに就任! ORPHE TRACK を活用したイベントを実施し、製品の魅力を幅広く伝えます。

株式会社no new folk studio(本社:東京都千代田区、代表取締役:菊川裕也、以下no new folk studio)が開発するスマートフットウェア 「 ORPHE TRACK (オルフェ トラック)」のアンバサダーに安喰太郎 氏、石川範子 氏、奥山智也 氏、折内一昭 氏、菅原航陽 氏、高野英祐 氏、原浩一郎 氏、平松弘道 氏、牧野仁 氏、森拓郎 氏らプロトレーナー/コーチが就任しました。



▼ ORPHE TRACK アンバサダーとは
ORPHE TRACK アンバサダーはランナーを進化させるスマートフットウェア ORPHE TRACK の魅力を幅広く伝えるパートナーです。
[画像1: (リンク ») ]

ORPHE TRACK は履いて走るだけでランニングフォームを手軽かつ詳細に分析できるスマートフットウェア。 ORPHE TRACK アンバサダーは自身の開催するイベントや教室で ORPHE TRACK を使用したプログラムを実施します。大掛かりな設備などを必要とせずに、履いてランニングするだけでランニングフォームを詳細に分析できる ORPHE TRACK の特長を活用し、フォームの改善や目標達成のサポートを行います。
スマートフットウェア ORPHE TRACK  (リンク »)
ORPHE TRACK アンバサダー      (リンク »)


▼ 強力なパートナーがアンバサダーに就任
アンバサダーの皆さんからのコメントをご紹介します(氏名五十音順)。


[画像2: (リンク ») ]

市民ランナーを指導する側として、言葉とスマホ動画だけでは伝わりにくい「接地」「プロネーション」が、 ORPHE TRACK を使えば一目瞭然。コーチとランナーがお互い気づきを得ながら、納得感を持って成長できるツールです。
 ―Harriers ランニングコーチ 安喰太郎 氏


[画像3: (リンク ») ]

ランニング中の足の動きを様々な観点から、数値として見ることができるので、怪我の予防や原因解明、タイムアップのためにも、一つのツールとして有効だと思っています。一部のデータではなく、トレーニング中全てのデータが取れることで、疲れてからのフォームの変化を知ることもできます。
 ―Trippers Running Club ランニングコーチ 石川範子 氏


[画像4: (リンク ») ]

ORPHE TRACK の魅力はランニングフォームを数値化できる事です。私はパーソナルトレーナーとして活動しております。 よくあるクライアントの要望はフォーム解析です。 パーソナルセッションで行っている動画解析と感覚的なフィードバックに加え ORPHE TRACK の客観的な数値はクライアントの理解度が増し、効率的にフォーム改善を行うことができています。
 ―パフォーマンスセラピスト 奥山智也 氏


[画像5: (リンク ») ]

ORPHE TRACK は足裏のどの部分で着地しているか、着地時の足の傾き、地面との接地時間、ストライド、ピッチなどのデータを履いて走るだけで手軽にデータを取ることができ、改善ポイントへ分かりやすくアプローチできる良さがあります。
 ―一般社団法人ドリームアシストクラブ代表 ランニングコーチ 折内一昭 氏


[画像6: (リンク ») ]

走りを可視化できる ORPHE TRACK は、より良い走りを作るための可能性に溢れています。足元から得られるデータとトレーナーの目を上手く使って、自分自身に最適なフォームを見つけてください!
 ―ABCR代表 フィジカルトレーナー 菅原航陽 氏


[画像7: (リンク ») ]

ORPHE TRACK の登場により、コーチ・トレーナーによる歩容学(歩く・走るを研究する学問)を無視した「経験頼り」のいわゆる“昭和のど根性”のランニングから脱脚をとげました。このシューズシステムはそのくらいインパクトのあるツールです。
 ―シューズフィッティングアドバイザー・トライアスロンコーチ 高野英祐 氏


[画像8: (リンク ») ]

ORPHE TRACK はランニングフォームの長所、短所、改善点などさまざまな所が数値で確認できるのでその改善度合いも明確。故障リスクも下げられるのでランニングコーチとしても治療家としてもオススメのツールです。
 ―鍼灸師・整体師(所沢おおはら村鍼灸整骨院)・ランニングコーチ 原浩一郎 氏


[画像9: (リンク ») ]

ランニングフォームを測る指標は接地時間や上下動などがありますが、 ORPHE TRACK は接地角度や接地場所の検証もできるうえ、これからもっと多くの指標を実装できる可能性があります。ランニングエコノミー・パワーの定量化が可能になる、ラントレーニングの常識を変える革新的なアイテムだと思います。
 ―SUNNY FISHトライアスロンスクール代表 平松弘道 氏


[画像10: (リンク ») ]

ランニングフォームを可視化することで、感覚に頼らず自分の走りを正確に理解できます。フォームの修正を確認したり、好不調を知ることもできるようになります。
 ―マラソン完走請負人 牧野仁 氏


[画像11: (リンク ») ]

自分自身のフォームを動画などの雰囲気ではなく、客観的データとして見られるのは、ランナーとして日々のトレーニングの成果として、パフォーマンスアップや怪我の予防に繋がります。是非普段のモチベーションアップに繋げて頂きたいです。
 ―ボディワーカー 森拓郎 氏


▼ アンバサダーの実施するイベントへ参加して ORPHE TRACK を体験する
イベントへのご参加は各アンバサダーへ直接お申し込みください。お申し込み方法は ORPHE TRACK アンバサダー webサイトにてご案内しています。
ORPHE TRACK アンバサダー  (リンク »)


▼ ORPHE TRACK アンバサダー 今後の展開
ORPHE TRACK アンバサダーは現在は東京近郊を中心に展開中。今後もアンバサダーを全国各地で展開し、皆様のお近くで ORPHE TRACK の魅力を体験できる場を増やしていきます。


▼ ORPHE TRACK アンバサダーになってみませんか?
履いてランニングするだけでランニングフォームを分析できる ORPHE TRACK なら、フォームの改善に役立つ的確なアドバイスを手軽に実現できます。
自身の開催するイベントや教室で ORPHE TRACK を使用したプログラムを実施いただける皆様、ご応募をお待ちしています。
応募フォーム  (リンク »)


▼ 株式会社 no new folk studio
[画像12: (リンク ») ]

靴型ウェアラブルデバイス「スマートフットウェア」を開発するスタートアップ。2016年より動きに応じて音や色が変化するスマートフットウェア「ORPHE ONE」(旧称:Orphe)を展開し、舞台演出やメディアアート業界で注目される。2019年現在、フットウェアにおけるセンシング技術を応用し、高度な行動解析を簡単に可能にするスマートフットウェアのプラットフォーム ORPHE シリーズを開発中。


本社     東京都千代田区神田練塀町3
渋谷オフィス 東京都渋谷区神南1-12-16 アジアビル6F
代表者    代表取締役 菊川裕也
設立     2014年10月
ウェブサイト  (リンク »)


SNS
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)


ニュースレターへの登録  (リンク »)
本件に関するお問い合わせ  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]