編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

果樹の生産工程を樹木1本ごとに見える化して管理するアプリ「Agrion果樹」の本格提供を10月から開始

フューチャー株式会社

From: PR TIMES

2019-10-07 13:03

データを活用した作業計画による効率的な農業経営を支援

株式会社TrexEdge(本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田 博樹、以下トレックスエッジ)は、もりやま園株式会社(本社:青森県弘前市、代表取締役:森山 聡彦)と共同開発した果樹の生産工程を樹木1本ごとに見える化して管理するアプリ「Agrion果樹」の提供を2019年10月から本格的に開始することをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

農業系のITサービスから販売支援まで手掛けるトレックスエッジは、露地栽培のデータを活用した生産管理と勤怠・労務管理をサポートする「Agrion農業日誌」、伝票作成や注文・販売管理などの事務をサポートする「Agrion販売管理」等のAgrionシリーズの提供により、生産者の効率的な働き方やデータを活用した農業経営を支援しています。
[画像2: (リンク ») ]

今回、本格リリースする「Agrion果樹」は、樹木1本ごとの剪定、摘果などの作業記録をデータ化し生産工程を可視化することで従業員の作業成果や品種ごとの進捗状況を把握できるようにします。これにより、効率的な作業計画の立案と最適な人員配置が可能になるだけでなく、営業やマーケティングに費やす時間を確保しやすくなり、販路の開拓や6次産業化にもつながります。

■「Agrion果樹」の機能
[画像3: (リンク ») ]



■樹木を識別するQRコードは2種類
[画像4: (リンク ») ]



トレックスエッジは今後、生産工程のトレーサビリティを活用して買手と売手をオンラインでつなげる販売先開拓の新しい仕組み「Agrion産直市場」の提供も開始する予定であり、Agrionシリーズのサービスを順次拡充させていきます。

* 10月9日(水)から11日(金)に幕張メッセにて開催される「第4回 国際 6次産業化EXPO」のトレックスエッジブースにて、新プランの出退勤機能をリリースした「Agrion農業日誌」をはじめとするAgrionシリーズのデモンストレーションおよび新サービス「Agrion産直市場」の紹介、ローカル5Gの農業分野での活用例デモンストレーションを行います。
(詳細はこちらをご覧ください  (リンク ») )

株式会社TrexEdge 概要
代表取締役社長:池田 博樹
設立:2017年6月8日
事業内容:クラウド型農業支援サービス「Agrion」シリーズの提供による生産者の効率的な働き方やデータを活用した販売および経営の支援
URL: (リンク »)

本件に関するお問合せ先
株式会社TrexEdge
E-mail:info@trexedge.co.jp
TEL:03-5740-5766

※株式会社TrexEdgeは、フューチャーグループの企業です。
※フューチャー株式会社は持株会社です。
( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]