編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 山形の味『ポテトチップス だだちゃ豆味』 11月18日(月)発売

カルビー株式会社

From: PR TIMES

2019-10-07 15:31

塩ゆでした「だだちゃ豆」の甘味と旨みを再現!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、山形県鶴岡市の特産品として親しまれている「だだちゃ豆」の味わいを再現した『ポテトチップス だだちゃ豆味』を数量限定・期間限定で2019年11月18日(月)から、山形・青森・岩手・宮城・秋田・福島・新潟・長野(8県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(12月下旬終売予定)。



[画像1: (リンク ») ]

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2019年度の第2弾となる山形の味『ポテトチップス だだちゃ豆味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、山形県庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「山形芋煮味」、2018年度の「芋煮カレーうどん味」に続く味案として、「青菜漬け」等のアイデアも出されましたが、「だだちゃ豆」が特に支持が高かったため、お客様の声に応えるべく商品化しました。

【商品特長】
[画像2: (リンク ») ]


「だだちゃ豆」は、山形県鶴岡市周辺の地域の特産品で、甘みや旨みの強い特長があります。塩ゆでして籠にどっさり盛り、おつまみとして食べたり、土産物や贈答品としても人気が高くなっています。本商品は、「だだちゃ豆」の味わいを再現したポテトチップスで、山形県鶴岡産のだだちゃ豆パウダーを使用し、「だだちゃ豆」を塩ゆでしたような甘みと旨みが楽しめます。
パッケージは、背景に、だだちゃ豆の房や豆のイラストを散りばめたり、味名の濁点を豆の形にしたりと、遊び心のあるデザインにしました。山形県のPRキャラクター「ペロリン」を掲載し、親しみを感じさせるとともに、裏面では、「だだちゃ豆」の紹介を掲載し、魅力や由来を知ることができます。

【商品担当者のコメント】
茹でた「だだちゃ豆」の味わいを目指して開発しました。「だだちゃ豆」は甘みや旨みが強い特長があるため、優しい味わいではじゃがいもの味が強くなってしまうため、「だだちゃ豆」らしさが出にくく、苦労しました。
「だだちゃ豆」の香りや塩味のバランスを工夫することで、「だだちゃ豆」らしい味わいを再現しました。

[画像3: (リンク ») ]


【商品概要】
[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]