編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

演出家のレオニード・アニシモフ氏に10月14日から始まる能楽堂公演についてたっぷり語っていただきます!

株式会社NOBORDER

From: PR TIMES

2019-10-08 09:00



[画像: (リンク ») ]

11日(金)17時から生放送の情熱報道ライブ「ニューズ・オプエド」に演出家のレオニード・アニシモフ氏がゲストとして出演します。

レオニード・アニシモフ氏は10月14日から始まる能楽堂公演で海外作品と能や歌舞伎、神楽、詩吟、狂言などの日本的要素を取り入れた演出を試みています。
特集では10月14日のサン=テグジュペリ作『星の王子さま』についてたっぷり語っていただきます。

番組名:情熱報道ライブ「ニューズ・オプエド」
放送日:10月11日(金)
時 間:17時から18時

【特集:10月14日から始まる能楽堂公演について】

《ゲスト》 演出家 レオニード・アニシモフ
《解説員》 日本ゴルフ改革会議 議長 公益財団法人 大宅壮一文庫理事長 大宅映子

《アンカー》 国際ジャーナリスト 蟹瀬誠一
《アシスタント》 石田紗英子

(リンク »)


レオニード・アニシモフ(Leonid Anisimov)
演出家、ロシア功労芸術家、芸術学教授
認定NPO法人東京ノーヴイ・レパートリーシアター芸術監督
ウラジオストク国立室内ドラマ劇場芸術監督として活躍、欧米を巡演。
チェーホフ作「かもめ」の演出で国際的に高く評価される。
1993年モスクワ芸術座の舞台で上演した「どん底」演出に対し、ロシア功労芸術家の称号を与えられる。
2004年、東京ノーヴイ・レパートリーシアターを設立。活動の拠点を東京に移し、チェーホフ、ゴーリキー、ドストエフスキー、近松門左衛門、宮沢賢治、ギリシャ悲劇などの作品を次々に発表。近年では特に日本の伝統芸能を取り入れた演出手法が話題を呼んでいる。また、スタニスラフスキーシステムによる芸術家としての俳優育成にも力を注いでいる。

東京ノーヴイ・レパートリーシアター 能楽堂公演
10月14日(祝月) サン=テグジュペリ「星の王子さま」
11月30日(土) ギリシャ悲劇「アンティゴネー」
12月22日(日) ゴーリキー「どん底」
3月22日(日) ギリシャ悲劇「メディア」
5月24日(日) ブレヒト「コーカサスの白墨の輪」


NOBORDER NEWS TOKYOが運営・制作する「ニューズ・オプエド(R)」は「言論の多様性」をキーワードに自由で健全な言論空間の構築を求めて2014年6月から1000回を超える生放送を行うとともに「AIニューズ(R)」「AIメディア(R)」「AIテレビ(R)」など最新AI技術にも努めております。

今後ともご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]