編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2019MLBポストシーズン開幕! ニューヨーク・ヤンキース「ワールドシリーズ制覇」のキーマンとなるアーロン・ジャッジの評伝10月21日発売!!

株式会社 東洋館出版社

From: PR TIMES

2019-10-08 13:25

ヤンキースに突如現れた「怪力紳士」。衝撃の2017シーズンをプレイバック!

株式会社東洋館出版社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:錦織圭之介)は、ニューヨーク・ヤンキースの若き主砲、アーロン・ジャッジの生い立ちから、高校・大学時代の脅威的なエピソード、衝撃の2017シーズンの活躍をまとめた、『アーロン・ジャッジ ―ニューヨーク・ヤンキースの主砲 その驚くべき物語―』を2019年10月21日に刊行します。「ネクスト・ジーター」との呼び声高い、ジャッジの魅力が詰まった1冊です。



衝撃の2017シーズンをプレイバック!
[打率].284 [本塁打]52(リーグ1位) [打点]114(リーグ2位)
[三振]208(全体1位) [四球]127(リーグ1位)

(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


【衝撃のパワー:天井直撃弾】
 アーロン・ジャッジはこれまでの名選手と比較しても規格外のパワーを持っています。そのエピソードの1つがマーリンズ・パークの天井直撃弾です。マーリンズ・パークの開閉式屋根の高さを決めるに当たっては、設計段階で緻密な計算がなされていました。技術者たちは、マイアミの空気密度や気温を調査し、それをNASAの方程式に当てはめました。そこから割り出した数字を独自のアルゴリズムに適用し、最終的な屋根の形状を決定したのです。頂点となる二塁の真上まで約64メートルの屋根には、絶対にボールが届かないはずでした。
 ところが、ジャッジはいともたやすく、特大の一打で天井を直撃したのです。マーリンズ球団によれば、そのときに直撃した左中間奥の天井梁の高さは、地上約52メートル。ビルでいえば17階に相当し、もしそのまま飛び続けたならば、90メートルの高さに達したと分析しています。天下のNASAの科学者たちも、超人ジャッジの前ではあっけにとられて黙るしかなかったのです。

【ジャッジ専用席:THE JUDGE'S CHAMBERS】
 2017年5月、ヤンキースタジアムに新たな席がお目見えしました。「THE JUDGE'S CHAMBERS(裁判官席)」と名づけられたこの席は、ジャッジが守るライトのすぐ後ろに設けられ、昔の裁判官よろしく真っ白なカツラと、ヤンキースのロゴ入り黒の法服といういでたちで観戦することになります。ウレタン製の小槌などが用意され、ファンに大人気となっています。名前を冠した席が設けられたことは、ヤンキースの歴史上でも初めてです。これほど、ヤンキース球団はジャッジの能力に惚れ込んでいるのです。


[画像2: (リンク ») ]


【2019シーズン:ヤンキースはワールドシリーズを制覇できるか?】
 2019年シーズン、ニューヨーク・ヤンキースは7年ぶりの地区優勝を果たし、ポストシーズンを勝ち進むべく、奮闘中です。日本の野球ファンは、ピッチャーとして田中将大選手の活躍に注目しているところではありますが、攻撃面でのアーロン・ジャッジにも是非注目してみてください。ジャッジの活躍なくして、ヤンキースのワールドシリーズ制覇はありえないでしょう。本書は、ヤンキースの今後の戦いに新たな楽しみを与えてくれる1冊となっています。

【MLBのスーパースターもジャッジの実力に驚愕・絶賛!】

『ジャッジは、ジーターにちょっと似ていると思う。いつもにこやかで、とにかく野球をするのが好きだ。グラウンドの中でも外でも、安心して見ていられるよ』
―ジョー・ジラルディ[元・ニューヨーク・ヤンキース監督]

『ジャッジを見ろよ。おっかないよな。あんなにおっかないもの、見たことがないよ』
―デヴィッド・オルティーズ[元・ボストン・レッドソックス]

『ジャッジがプレーしているのを直に見られるだけで、入場料を払う価値がある』
―ブレット・ガードナー[現・ニューヨーク・ヤンキース]

[著者プロフィール]
デヴィッド・フィッシャー(DAVID FISCHER)
ニュージャージー州在住。ニューヨーク・タイムズ、スポーツ・イラストレイテッド・フォー・キッズ(『スポーツ・イラストレイテッド』誌の子供向けサイト)に寄稿。スポーツ・イラストレイテッド社、ナショナル・スポーツ・デイリー社、及びNBCスポーツに勤務経験。著書としては、他にDerek Jeter #2: Thanks for the MemoriesやMiracle Moments in New York Yankees Historyなど。Facing Mariano Riveraでは編集に携わった。

[翻訳者プロフィール]
藤田 成子(FUJITA SHIGEKO)
1960年、静岡県生まれ。津田塾大学学芸学部英文学科卒業。私立大学勤務を経て、翻訳の学習を開始。2003年より約5年間、翻訳家中村妙子氏の講座で学ぶ。第18回DHC翻訳新人賞佳作入賞。

[書籍情報]
書 名:アーロン・ジャッジ ―ニューヨーク・ヤンキースの主砲 その驚くべき物語―
著 者:デヴィッド・フィッシャー
訳 者:藤田 成子
判 型:四六
頁 数:192
発売日:10月21日
価 格:1400円
I SB N:978-4-491-03768-4
発行元:東洋館出版社
URL: (リンク »)
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]