編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ASTINA、全自動衣類折畳みタンス「INDONE(インダン)」の改良版をCEATEC2019にて発表

株式会社ASTINA

From: PR TIMES

2019-10-08 14:35

AI x ロボティクス」を軸にロボット/IoTデバイス開発を手がける株式会社ASTINA(本社 東京都千代田区、代表取締役 儀間 匠)は、自動で衣類をやさしく折りたたみ収納する家具、「INDONE(読み:インダン)」の機能改良版モデルを発表致します。



[画像: (リンク ») ]


■INDONEとは
INDONEは、衣類カゴに乾燥済の衣類を入れるだけで、自動で衣類を仕分けて畳んで、棚に収納するタンスです。INDONEには特許出願中の独自の技術が実装されており、ロボット・IoTデバイスの開発に携わる中で培われたノウハウが詰め込まれています。
家事の負担を減らして家族の笑顔を増やす「新しい家具」、それがINDONEです。
[動画: (リンク ») ]



■INDONEの持つ可能性
衣類の折りたたみ作業は家庭内だけでなく、生産工場や人材不足が深刻な介護業界やアパレル業界、ホテル業界でも多く発生しています。例として、介護施設では1日に200枚以上もの衣類を従業員の方が折りたたんでいます。このような現場にINDONEの技術を応用した機器をご利用いただくことで単純作業にかける時間が削減でき、コストカットに繋がるだけではなく、従業員の作業負担を減らすことで入所者一人ひとりへのサービス品質の向上に貢献できる未来を創造します。

■CEATEC2019 出展及びデモンストレーションの実施
INDONE(インダン)は、CEATEC2018にて初めて発表され、非常に大きな反響を頂きました。
昨年に続き、10月15日から幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2019」に出展致します。
昨年以上に、実際の生活になじむようにユーザー体験を向上させたプロトタイプのデモを通し、衣類をたたむ作業のない世界をご体験いただけます。

■株式会社ASTINAについて
ASTINAは「AI x ロボティクス」を軸に、ロボット・IoTデバイスのデザイン・設計およびコンサルティングを手がける企業です。

■会社概要
社名:株式会社ASTINA
所在地:東京都千代田区岩本町3-9-13岩本町寿共同ビル
代表取締役:儀間 匠
事業内容:ロボット・IoTデバイスの企画・設計・開発・コンサルティング
WEB: (リンク »)

■代表取締役プロフィール
儀間 匠(ぎま たくみ)
新日本製鐵株式会社にて生産設備の改良設計業務に従事後、アミューズメント機器の設計会社にてゲーム機器の開発に従事。2017年にロボット/IoTデバイス特化型開発企業・ASTINAを創業。IoTデバイスやAIを用いた開発案件等に携わる。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]