編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ハイブリッド型総合書店「honto」、越境ECをサポートする代理購入サービス「Buyee」との連携を開始!!

hontoPR事務局

From: PR TIMES

2019-10-08 14:35

-「honto」の紙書籍が「Buyee」で海外からの購入が簡単に-

大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto ( (リンク ») )」(※1) はBEENOS株式会社の連結子会社で、越境ECをサポートする代理購入サービス「Buyee(バイイー) (リンク ») 」を運営するtenso株式会社(以下「tenso」)とのサービス連携を2019年10月8日(火)より開始しました。



[画像1: (リンク ») ]



【Buyeeとhontoのサービス連携概要】

今回の通信販売サイト連携では、日本の書籍に対して購読意欲がありながら、国内のみの販売で手に入らない・海外向けに流通されるまでに時間がかかるなど、物理的障壁を抱えた海外在住の日本書籍ファンに対して書籍の購入を可能にするため、ハイブリッド型総合書店「honto」の本の通販ストアとtensoが運営する海外向け代理購入サービス「Buyee」がシステム連携し、「Buyee」内に「honto」本の通販ストア海外向け販売ページを開設いたします。サイト内では、日本語、英語、中国語(繁体・簡体)から表示言語を選択することができることに加え、海外では主流のPayPal、Alipay、銀聯カードといった決済方法も利用することができます。さらに、「tenso」は海外発送手続きや日本語・英語・中国語(繁体・簡体)でのお客様のお問合せサポートなども行います。

【Buyeeとhontoのサービス連携の背景】

「Buyee」は日本の通販商品・オークションの代理入札・代理購入するサービスで、「honto」は、リアルの場とネットの場で文芸、ビジネス書、コミック、雑誌など幅広いラインナップを取り揃える国内最大級の総合書店です。現在、ハイブリッド型総合書店「honto」の本の通販ストア( (リンク ») )においては、日本国内の住所を登録されている会員向けには海外からの購入~配送を対応しておりますが、海外の住所のみ登録されている会員向けにはサービス対応をしておりませんでした。

海外の生活者から日本の書籍需要が高まる中、実績のある「Buyee」と連携することで、新たに会員登録や登録内容の変更を行うことなく利用できるようになり、さらなる海外顧客へのアプローチ、販路拡大、グローバル展開を目指す第一歩になると考えております。

ハイブリッド型総合書店「honto」が目指す姿である「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」を強化し、お客様にとって魅力的となる「honto」ならではのサービスの拡充に繋げていきます。

ますます便利になった「honto」をこの機会にぜひご利用ください。

■サイトURL: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


<tenso株式会社 概要>

・会社名:tenso株式会社  (リンク »)
・代表:代表取締役社長 直井 聖太
・所在地:〒140-0001 東京都品川区北品川四丁目7番35号
※BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社です。

国内ECサイトの海外販路拡大をサポートするtensoは、「転送コム」(海外転送サービス)と「Buyee」(代理購入サービス)の2つのサービスを展開しております。「転送コム」はECサイトの代わりに海外発送オペレーション、多言語カスタマーサポートを、「Buyee」ではそれに加えて翻訳、決済代行を行います。現在合計約2,000のサイトに導入いただいており、86の国と地域に発送実績があります。海外消費者からは、配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど、高いサービスレベルが評価され、会員数は188万人以上(2019年6月末時点)となりました。

■Buyeeが提供する海外販売のサポート内容

◆サイト翻訳…日本語・英語・中国語(繁体・簡体)
◆多様な決済手段に対応…Paypal、Alipay、銀聯、各種クレジットカード
◆多言語でお問い合わせサポート…海外ユーザーと国内ECサイト事業者様の仲介としてお問い合わせに日本語・英語・中国語(繁体・簡体)で対応
◆豊富な配送手段に対応…EMS・SAL便・ 国際小包・船便 DHLなど◆独自の保障サービス…Buyee独自の検品・配送補償を提供

<ハイブリッド型総合書店「honto」について>(※1)

「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店などのリアル書店を連携させた総合書店です。「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供するサービスで、本を愛する人をサポートします。
2019年10月現在、honto会員は約530万人、hontoサイトと共通で利用できるhontoポイントサービスは約190店舗で展開しています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト (リンク ») ≫
[画像3: (リンク ») ]



<大日本印刷株式会社 会社概要>

・会社名:大日本印刷株式会社(Dai Nippon Printing Co., Ltd.)     (リンク »)
・社長:北島 義斉
・所在地:〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

<株式会社トゥ・ディファクト 会社概要>

・会社名:株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.)     (リンク »)
・社長:田宮 幸彦
・株主:大日本印刷株式会社
・所在地:〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20

<本件に関するお問い合わせ先>

honto PR事務局(株式会社シグナル内)西津、森永、畑
TEL:03-5572-6068/FAX:03-6747-6874/E-mail:honto-pr@vectorinc.co.jp

当リリースの参考資料について:
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]