編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

投資診断協会、金融リテラシー向上のためのボードゲーム「Riskn×Taken(リスクンテイクン)」を10月4日(投資の日)にリリース!

一般社団法人 投資診断協会

From: PR TIMES

2019-10-04 22:15

投資診断士資格取得者が消費者教育、学校教育、社員教育等のために活用でき、【金融リテラシー】を学ぶことができるボードゲームの開発、販売を開始

一般社団法人 投資診断協会(本社:東京都新宿区、代表理事:高松 伸吾)は、10月4日、投資診断協会は日本に正しい投資の考え方を根付かせるためのコンテンツとして、お金に対する苦手意識を克服するためのボードゲーム「Riskn×Taken(リスクンテイクン)」をリリースいたしました。



[画像1: (リンク ») ]


投資診断協会は2018年9月に日本に正しい投資の考え方を根付かせることを目的とし、【投資診断士(R)】を創設しました。投資診断士(R)を取得するためには、基本的な金融知識だけでなく、NISAやiDeCoといった投資にまつわる制度、暗号資産(仮想通貨)などの新しい投資手法や、現代の投資を理解するのに重要なIT情報リテラシーについても研修します。なお、【投資診断協会】および【投資診断士(R)】の活動は事前に金融庁へ確認をし、法令上問題ないと回答頂いている安心の資格です。投資診断士(R)資格は2019年の2月に研修をスタートし、保険業界や不動産業界の方など現在700名を超える様々な業種の方々からお申込みを頂いております。

この度、投資診断協会は日本に正しい投資の考え方を根付かせるためのコンテンツとして、お金に対する苦手意識を克服するためのボードゲーム「Riskn×Taken(リスクンテイクン)」を投資診断士向けに開発、販売することにいたしました。(協力会社:株式会社グッドマネージャー)

■金融や投資を楽しく学べるボードゲーム
年金がもらえない時代、お金に関する問題についてご自身でしっかり考えないといけない時代を迎えようとしています。投資は怖いものであったり、お金に対してマイナスイメージがあるような風潮が経済や投資について学ぶきっかけを奪ってきたことは否めません。お金に関する教育が少ないのも日本の現状と言えます。

こうした状況を変えるために開発された、経済や投資のイロハが楽しく身に着く、新感覚のボードゲーム「Riskn×Taken(リスクンテイクン)」が投資診断士向けに販売されます。

■「Riskn×Taken」ってどんなゲーム?
投資では、様々な経済イベントに対して、そのリスクやリターンを理解しつつ、自身に適した投資戦略を決める必要がありますが、勉強をする場を探すのもなかなか難しいのが実情です。
そこで、ゲーム内の仮想経済の中で、投資や経済イベントについて、楽しみながら、直感的かつ簡単に理解できるのがボードゲーム「Risken×Taken」です。


【Risken×Takenの遊び方】
[動画: (リンク ») ]



「Riskn×Taken」はこんな方にオススメ
〇海外では当たり前の「お金の教育」、お金について子供たちや苦手意識のある人に教えたい
〇投資に挑戦してみたいが、なんとなく怖い
〇株・国債・不動産投資・・・どう投資していくべきなのかわからない
〇今さらながら経済の基礎についてほとんど知らない・・・

■投資診断士向けのコンテンツ
〇投資診断士用のガイダンスをご用意
「Risken×Taken」はお子様でも楽しめるボードゲームですが、お子様や投資に対して苦手意識のある方に、不況、バブル経済、金融緩和などの経済イベントが株、債券、不動産投資などの投資商品にどんな影響があるのかを知っていただくため、投資診断協会独自のガイダンスを用意しています。これを活用すれば投資診断士がセミナーや金融教育の現場でボードゲームを活用する際にスムーズな説明ができるようになり、日本の金融リテラシー向上にも繋がります。

【投資診断士用特別ガイダンスイメージ】
[画像2: (リンク ») ]



■10月4日から投資診断士向け「Risken×Taken」の予約受付開始。まずは投資診断士のお申込みを。
投資診断士用ボードゲームの受付を10月4日に開始します。ボードゲームの購入及び投資診断士専用ガイダンスのダウンロードは投資診断研修会員ページにて行いますので、まずは投資診断士資格取得のお申込みをしてください。

投資診断士のお申し込みはこちら → (リンク »)

既に投資診断士受講している方は投資診断研修会員ページからログインの上、ご購入ページからご予約いただけます。
(リンク »)

■製品概要
対象年齢 12歳以上
プレイ時間 10~20分
セット内容:
・経済イベントカード(約18枚)
・インヴェストフィールド(1枚)
・イベントフィールド(1枚)
・サイコロ(2個)
・コマ(2色・3個ずつ)
・コイン60枚
・遊び方ガイド
・パッケージボックス
製造元:日本製

■【投資診断協会】の設立
~日本に正しい投資の考え方を根付かせたい~
投資は、誰しもが一度は検討する資産形成手法です。ただ現実には、金融リテラシーの向上に目を向けず投資を実行し、結果、投資で失敗している方が日本にはたくさんいます。
投資自体は、将来資産形成を検討する上で必要性が高い手法であり、投資自体に問題性があるわけではありません。問題なのは個人が金融リテラシーを高めるための行動を起こしていない事や、高めるための“知識研修”資格“が世の中に少ないことです。
金融リテラシーの向上から、自分のリスク許容度にあった投資の選択を実行していく。
そのために、一般社団法人投資診断協会が設立されました。

■【投資診断士(R)】とは?
投資を検討している方、投資を検討しているが踏み出すのが怖い方、投資で後悔したくない方、そういった方々に投資について啓蒙していくための資格です。近年では、NISAやiDeCoといった投資にまつわる制度や、暗号資産(仮想通貨)などの新しい投資手法も生まれてきているため、そうした新しいトピックについてもカバーしております。また情報技術(IT)を活用した投資手法も増加していることから、現代の投資を理解するのに重要なIT情報リテラシーも研修に盛り込んでいます。

詳しくはこちら → (リンク »)

〇投資診断士(R)資格の主な対象者
・保険募集人・銀行員・証券外務員・税理士・ファイナンシャルプランナー
・不動産投資物件販売従事者・不動産コンサルティング・金融コンサルティング
等、投資性商品を扱う業種・職種、金融商品を扱う業種や職種の方々、
家計を管理する主婦の方、金融業界へ就職を考えている就活生など

〇主な研修項目
・投資診断協会 基本理念
・投資に関する基礎知識
・投資商品について(株式、債券、投資信託、生命保険、不動産投資、FX、派生商品(デリバティブ)、代表的な貯蓄型投資商品、現物投資、暗号資産(仮想通貨)など)
・制度投資(確定拠出年金、NISAなど)
・ポートフォリオの考え方
・投資診断士(R)とは何か

〇投資診断士申込方法
詳しくはこちら → (リンク »)

<試験概要>
試験日:2019年12月7日(土)
直前講習開始:12:30
試験時間:13:00~14:00
申込み期日:2019年11月9日(土)まで
試験会場:申込み完了後に詳細を案内

次回試験日:2019年2月22日(土)

〇誠実なコンテンツで透明性のある不動産業界を目指す情報誌【不動産投資の教科書】
金融全般の正しい知識と投資手法を説明できて、投資家の金融リテラシー向上の手助けができる資格「投資診断士」。正しい投資の考え方を投資家に伝えたい。「投資診断士」に込めた想いについて、インタビューしていただいています。

詳しくはこちら → (リンク »)

■今後の展開
投資診断士(R)の資格取得者が活躍できるように、協会が主催で投資教育をテーマにしたセミナーを開催していきます。また「マスター」制度の導入も考えています。これは資格取得者を対象に研修を行い、例えば「株式投資マスター」「不動産投資マスター」など各商品のプロフェッショナルを認定するようなものです。さらに投資について相談したい方々が増えているので、投資について公平なアドバイスができる窓口も設置していく予定です。

◆お問い合わせ先◆
一般社団法人 投資診断協会
E-mail:info@toushishindan.com
TEL:03-6447-4104(平日10:00~18:00)
担当:事務局

◆IDA 一般社団法人投資診断協会◆
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]