編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スコットランドのシーフードが都内大手回転寿司チェーン店に初採用! 元気寿司グループ「魚べい大森駅山王北口店」にスコットランド政府大臣が来日訪問

元気寿司株式会社

From: PR TIMES

2019-10-08 15:45

寿司レストランチェーンの元気寿司株式会社(代表取締役社長 法師人 尚史氏 本社:栃木県宇都宮市)は、スコットランドのシーフードを都内大手回転寿司チェーン店で初めて採用し、この度スコットランド政府のフィオナ・ヒスロップ文化・観光・対外関係大臣が元気寿司グループ「魚べい大森駅山王北口店」にご訪問されました。




[画像1: (リンク ») ]

■スコットランド政府大臣がお寿司を試食!自国シーフードを使ったお寿司の感想は?

[画像2: (リンク ») ]

当日は、スコットランド政府のフィオナ・ヒスロップ文 化・観光・対外関係大臣に実際に元気寿司グループ店舗で提供されているお寿司「スコットランド産 最高級生サーモン」をご試食いただきました。
「スコティッシュサーモンは、スコットランドのラグビー選手のように、厳しい環境で育ったからこその旨味と歯ざわりの良さが特徴です。このお寿司は、新鮮でとても美味しいです。仕上がり・見た目もとても美しいです。」とお寿司の感想を語っていただき、スコットランドと日本の食文化の融合であるお寿司を絶賛いただきました。またサーモンは「スコティッシュサーモン」と呼ばれ、2019年7月、元気寿司22店舗で実施された「スコティッシュサーモンフェア」では大変な好評を博しました。その反響も踏まえ、現在は魚べい127店舗でも販売しております。今後も元気寿司グループでは、高品質でありながらもお手頃に食べられるお寿司の提供していくとともに、スコットランドのシーフードを始めとする、海外産シーフードを使用した美味しいお寿司を提供してまいります。

【元気寿司グループについて】


[画像3: (リンク ») ]

日本の伝統的食文化である寿司の大衆化をめざして成長してきた当社では今日、おいしさと値頃感の「元気寿司」、進化する楽しさの「魚べい」、本物志向の「千両」と3つのブランドを展開。これまで以上に、伝統的食文化の幅広い二ーズに応えていきたいと考えています。


■会社概要
会社名:元気寿司株式会社
所在地:栃木県宇都宮市大通り 2-1-5
代表取締役社長:法師人 尚史
創業:1968 年 12 月 12 日
会社設立:1979 年 7 月 26 日
事業内容:回転寿司チェーンの経営
会社HP: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]