編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

実りの秋!!新潟の秋果実「新高(日本なし)」「越王(こしわ)おけさ柿」はいかが?名古屋・関西でキャンペーンを開催

新潟市

From: PR TIMES

2019-10-08 16:55

今が旬!!新潟市食と花の銘産品「新高(日本なし)」と「越王(こしわ)おけさ柿」の試食宣伝会

 



 10月11日から11月3日にかけて、新鮮野菜・果物を扱う京都八百一の名古屋及び関西の一部店舗において、新潟市食と花の銘産品である「新高(日本なし)」と「越王おけさ柿」の試食宣伝会を行います。
◇京都八百一ホームページ  (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

 

[画像3: (リンク ») ]



「新高(日本なし)」は、果皮が淡黄褐色、果肉はやや粗めでやわらかく、香りが高く多汁で酸味が少なく甘味が強いと好評です。また、大型品種で大きいものは1kgを超えるほどで、見た目にも非常に立派で贈答用としても人気があります。


◇新潟市ホームページ(食と花の銘産品“新高(日本なし)”紹介ページ)
(リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


 
「越王おけさ柿」は、新潟市西蒲区が産地であり、渋柿ですが種がないため、食べやすく扁平で特有の箱型をしているのが特徴です。また、渋抜きすることによって甘柿にはないやわらかい肉質となり、とろけるような甘さが味わえます。その昔、角田山麓に「越の王」と呼ばれる統治者がいたとの伝承にちなみ「越王おけさ柿」と命名されました。
 


◇新潟市ホームページ(新潟の食と花の銘産品“越王おけさ柿”紹介ページ)
(リンク »)
 
[画像5: (リンク ») ]



いずれも新潟市が全国に誇る農水畜産物を指定する「食と花の銘産品」にも選ばれており、新潟市民の秋の味覚として食卓で親しまれています。


 実りの秋が到来し、新潟でも日本一の味わいといわれるコシヒカリをはじめ、たくさんの農産物が収穫期を迎えます。その中から、秋に旬を迎える果物「新高(日本なし)」と「越王おけさ柿」を是非味わってみてください。


○イベント概要
【タイトル】新高(日本なし)、越王おけさ柿試食宣伝会
【期  間】令和元年10月11日~11月3日の以下の会期
【時間・会場】※販売状況によって終了時間が早まる場合があります。
 ◇京都八百一ホームページ
   (リンク »)

◆新高(日本なし)

[表1: (リンク ») ]



◆越王おけさ柿

[表2: (リンク ») ]



[画像6: (リンク ») ]

【お問い合わせ】
 新潟市農林水産部 食と花の推進課 TEL:025-226-1794/FAX:025-230-0423



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]