編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

先端無線技術の検証環境構築と今後の取り組みについて

株式会社ビーマップ

From: PR TIMES

2019-10-08 16:55

株式会社ビーマップは、海外における最新の無線技術を使用したデバイスの検証環境を整えつつ、日本国内での新たなビジネスチャンスの創出に取り組むことといたしました。

株式会社ビーマップは、海外における最新の無線技術を使用したデバイスの検証環境を整えつつ、日本国内での新たなビジネスチャンスの創出に取り組むことといたしました。今般、事業所内の一角に外部との電磁波を遮断した区画「デジラボ(Degi-Lab)」を設け、電波法・消防法等を遵守しつつ国内外の様々な無線デバイスを検証するとともに、様々なビジネスモデルの企画・検討を行うことといたしました。



株式会社ビーマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉野文則)は、海外における最新の無線技術を使用したデバイスの検証環境を整えつつ、日本国内での新たなビジネスチャンスの創出に取り組むことといたしましたのでお知らせします。

昨今、無線をはじめとするIoT分野における日本の位置付けは、中国、米国、イスラエル等をはじめ先端技術を展開する各国に大きく後れを取っております。特に、最先端の無線技術を活用したデバイスが、これらの国々において続々と市場に投入される一方、日本においては、様々な規制により、これらのデバイスの検証やビジネスモデルの企画を自由に行うことが難しい状況にあります。約20年にわたり無線LAN(Wi-Fi)に関わるビジネスに携わってきた当社といたしましては、今後の無線をはじめとするIoT分野の最新機器が様々な規制のため日本で展開出来にくい状況に、強い危機感を抱いております。

今般、当社では、事業所内の一角に外部との電磁波を遮断した区画「デジラボ(Degi-Lab)」を設け、電波法・消防法等を遵守しつつ国内外の様々な無線デバイスを検証するとともに、様々なビジネスモデルの企画・検討を行うことといたしました。

今後、エッジコンピューティングにより、様々な機器から情報を取得し、これらをAIで分析・判断し、制御する時代の中で、当社は、いち早く最新の機器を評価し、最先端のソリューション構築を目指します。かつて日本には江戸時代、唯一海外との窓口になって新しい文化・技術が入って来る長崎「出島」がありました。当社では、今後、出島のデジと研究室のラボから名付けた「デジラボ(Degi-Lab)」を起点に、積極的に新しい無線技術・サービスに取り組んでいく所存です。

[画像: (リンク ») ]


本件に関するお問い合わせ先
株式会社ビーマップ ワイヤレス・イノベーション事業部 担当:須田
電話:03-5297-2263

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]