編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【セミナーご案内】プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 11月5日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

CMCリサーチ

From: PR TIMES

2019-10-08 18:00

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: (リンク ») )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法」と題するセミナーを、 講師に川瀬 豊 生氏(川瀬テクニカル・コンサルタンシー代表)をお迎えし、2019年11月5日(火)10:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』B1F(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:48,000円(+税)、 弊社メルマガ会員:48,000円(+税)、 アカデミック価格は24,000円となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
  (リンク »)
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。



樹脂製品が熱負荷により、その特性が低下した場合、因子はその特性値と温度と経過時間の3つであす。この場合、特性値と温度、特性値と経過時間が相関関係にあれば特性値を目的変数とし、残り2つの因子を説明変数として重回帰分析を行えば、その特性の寿命予測が可能であります。更には、設定する寿命予測式がアレーニウス式の様な法則式に基づいたものであれば、関係者に対する理解が得られ易い。
本講座では、対象をプラスチック・ゴム・粘/接着製品全般とし、各種劣化モードにおける寿命予測を重回帰分析の手法により、アレーニウス型やラーソンミラー型の予測式設定に繋げたため、予測結果が実際のデータにきわめて近似することを特徴とします。また、ほとんどの事例について劣化メカニズムを解説しているので、類似の不具合が発生した際には、迅速で的確な対策が策定できる内容としています。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法
開催日時:2019年11月5日(火)10:30~16:30
会 場:ちよだプラットフォームスクウェア B1F
   〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:48,000円(+税) ※ 資料付
   * メルマガ登録者は 48,000円(+税)
   * アカデミック価格は 24,000円(+税)
講 師: 川瀬 豊 生氏 川瀬テクニカル・コンサルタンシー代表

【セミナーで得られる知識】
樹脂製品に関する・劣化寿命予測の手法・劣化加速条件の設定手法・劣化メカニズム・劣化寿命予測式の重回帰分析方法

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
(リンク »)
からお申し込みください。
折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。
[画像: (リンク ») ]


3)セミナープログラムの紹介
1. 樹脂材料の劣化寿命予測
 1.1. アレーニウスの式
  1) 寿命予測式の導出
  2) データの相関性の検討
  3) 寿命予測の流れ
 1.2. ラーソンミラーの式
  1) 寿命予測式の導出
  2) パラメータの算出
  3) 定数Cの特定
  4) マスターカーブの作成
 1.3. 取得データの重回帰分析
  1) アレーニウス型
  2) ラーソンミラー型
  3) 活性化エネルギーの算出
 1.4. 加速倍率の算出
  1) m℃n倍速の設定と検証
  2) T-t 線図の傾きと活性化エネルギー
  3) 活性化エネルギーと加速倍率の関係
  4) アレーニウス型による加速倍率の把握
 1.5. 劣化加速条件の設定方法
  1) 劣化加速条件設定の流れ
  2) 部品の温度頻度
  3) 部品等価温度の把握
  4) 加速倍率と等価温度
 1.6. 重回帰分析の方法
  1) エクセルの分析ツールによる方法
  2) INDEX(LINEST) 関数による方法
  3) 統計量の計算と判定

2. プラスチックにおける劣化と寿命予測
 2.1. ソルベントクラック
  1) 事例
  2) 破面の特徴
  3) 発生メカニズム
  4) 再現試験
  5) 重回帰分析による寿命予測
  6) ワイブル解析による寿命予測
 2.2. 環境応力割れ
  1) 事例
  2) 破面の特徴
  3) 発生メカニズム
  4) 再現試験
  5) 因子としての吸水率の予測
 2.3. クリープ破壊
  1) 事例
  2) 破面の特徴
  3) 発生メカニズム
  4) 寿命予測
  5) 劣化加速条件の設定
  6) 再現試験方法
 2.4. 疲労破壊
  1) 破面の特徴
  2) 発生メカニズム
  3) 寿命予測
 2.5. 熱劣化
  1) 発生メカニズム
  2) 寿命予測
  3) 劣化加速条件の設定
 2.6. 加水分解
  1) 発生メカニズム
  2) 寿命予測

3. ゴムにおける劣化と寿命予測
 3.1. シール部品
  1) 劣化状態の確認方法
  2) 劣化メカニズム
  3) 寿命予測
  4) 劣化加速条件の設定
 3.2. ガスケット
  1) 寿命特性値の決定
  2) 寿命予測
  3) 劣化加速条件の設定

4. 粘・接着剤における劣化と寿命予測
 4.1. アクリル系接着剤
  1) 熱負荷による劣化
  2) 寿命予測
  3) 劣化加速条件の設定
 4.2. アクリル系両面テープ
  1) 熱負荷によるクリープ剥離
  2) 寿命予測

4)講師紹介
【講師略歴】
日産自動車にて樹脂部品開発に従事(昭和45年~平成12年)、堀硝子(株)にて自動車ガラスとガラス付帯部品の接着仕様開発に従事(平成12年~平成22年)、川瀬テクニカル・コンサルタンシーを立上げ(平成22年)、現在に至る。

【著 書】
高周波誘電加熱によるガラス/樹脂接着(2012年発行;サイエンス&テクノロジー)
シランカップリング剤の効果と使用法(2012年発行;サイエンス&テクノロジー)
高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験方法(2018年;情報機構)
重回帰分析による高分子材料の寿命予測法(2019年3月~;日刊工業新聞社)

5)セミナー対象者や特典について
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。
★ 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、 2人目は無料、3名目以降はメルマガ価格の半額となります。

【セミナー対象者】
樹脂製品の開発、設計、品質管理、品質保証、評価・実験、生産技術に携わる担当者

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
  (リンク »)

6)関連セミナーのご案内
(1)セルロースナノファイバー研究:界面構造が支配する分散/集積/複合体の科学
  開催日時:2019年10月16日(水)10:30~16:30
   (リンク »)

(2)廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術
  開催日時:2019年10月25日(金)10:30~16:30
   (リンク »)

(3)自動車用接着剤の設計と評価法 ~エポキシ系接着剤を例として~
  開催日時:2019年11月1日(金)10:30~16:30
   (リンク »)

(4)マテリアルズインテグレーション(MI)システムの基礎と応用
  開催日時:2019年11月8日(金)10:30~16:30
   (リンク »)

(5)繊維強化プラスチックの基礎 ~ CFRPを中心に ~
  開催日時:2019年11月19日(火)10:30~16:30
   (リンク »)

(6)初心者のためのプラスチックと射出成形入門
  開催日時:2019年12月3日(火)13:30~16:30
   (リンク »)

☆開催予定のセミナー一覧はこちらから!↓
  (リンク »)

7)関連書籍のご案内

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
  (リンク »)

                                        以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]