編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

南アジアで最も高い建造物「ロータスタワー」にスリランカ国内最高速のエレベータを納入

フジテック株式会社

From: PR TIMES

2019-10-08 16:57



フジテック株式会社(本社:滋賀県彦根市、社長:内山 高一)のスリランカにおけるグループ企業のフジテック・ランカは、南アジアで最も高い建造物となる電波塔「ロータスタワー」にエレベータ・エスカレータ14台を納入しました。エレベータのうち3台は分速420mの高速機種で、スリランカ国内で最も速いエレベータとなります。

[画像: (リンク ») ]


スリランカの最大都市コロンボに建つ同タワーは高さ356mあり、スリランカの国花でもある蓮(ロータス)の形を模しています。電波塔としてテレビ20局とラジオ50チャンネルの送信機能を持つほか、蓮のつぼみの部分にあたる高さ250mの付近に観光用の展望施設も設けられています。

当社はここに分速420mの高速機種3台を含むエレベータ6台と、ハンドレール下部照明に鮮やかなブルーを採用したエスカレータ8台を納入しました。

建設は2012年にスタートし、2019年9月15日に完成。スリランカのランドマークとして注目が集まります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]