編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

落合博満氏、就任1年目の阪神矢野燿大監督の評価は「0点。しかし…」

株式会社毎日放送

From: PR TIMES

2019-10-09 09:15



 10月9日(水)放送のMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』では野球評論家の落合博満氏が「野球総理大臣」としてゲスト出演。阪神タイガースを率いた矢野燿大監督の手腕を採点し、その点数のあまりの厳しさに阪神ファンのゲスト・千秋が悲鳴を上げる。
[画像: (リンク ») ]

 今シーズンの阪神は、夏場から借金生活を送るも、ラスト6試合を6連勝で駆け抜け貯金1。3位に滑り込み、クライマックスシリーズへの挑戦権を獲得した。MCのブラックマヨネーズ小杉竜一から、就任1年目のペナントレースを終えた矢野監督について「100点満点でいえば何点ですか?」と問われた落合氏は「0点ですよ」とキッパリ。大の阪神ファンの千秋が悲鳴を上げるなか、落合氏は「優勝(したチームの監督)以外は全部0点ですよ」と続け、出演者一同は納得した。
 落合氏はさらに「ただ、(巨人に勝って)日本シリーズに出て優勝する(日本一になる)可能性を残したということを考えれば、100点」と採点。これには千秋も満面の笑みで拍手を送った。落合氏は「日本シリーズはペナントレースとまるっきり別物なんでね。その権利を持って戦うことができる、チャンスは残されていることを考えれば、それだけは100点」と語った。
 落合氏はこのほか、今シーズン限りで阪神を退団する鳥谷敬選手についても言及するほか、開幕4番を任された大山悠輔選手への期待についても語り、さらには今シーズンのセ・パ両リーグのMVPも指名する。
 この模様は10月9日(水)よる11時56分からMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』で、「新内閣発足!落合総理降臨!タブーなし!忖度なし!で矢野阪神に物申す!」をテーマに放送。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]