編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

学習履歴分析(LA)はどう役立つのか?同分野の第一人者、田村教授ほかご登壇!

一般社団法人e-Learning initiative Japan

From: PR TIMES

2019-10-09 10:00

~『教育ビッグデータ・ラーニングアナリティクストラック』eラーニングアワードフォーラム内にて開催決定~

人材教育・組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム「eラーニングアワード 2019 フォーラム」(2019年11月13日(水)~15日(金))では、11月13日 (水)に『教育ビッグデータ・ラーニングアナリティクストラック』を開催いたします。



[画像: (リンク ») ]

本公演では、研究段階から実用期に移りつつあるラーニング・アナリティクスの現状をご紹介します。

▼事前登録はこちら
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【教育ビッグデータ・LAトラック】
~初等中等・高等・企業内教育のドメイン別の現状と問題点~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講演者:上智大学 理工学部 情報理工学科 田村恭久 氏
  Île-de-France Digital University - ParisDeputy Director John Augeri 氏
  株式会社エキスパート科学研究所 代表取締役 平田謙次 氏
日 時:11月13日 (水) 14:00~15:50
参加費:事前登録で無料
詳 細: (リンク »)

■講演概要
学校教育や企業内研修では、LMSなどに様々な学習履歴が蓄積されています。また、こういった教育ビッグデータの分析手法の研究が盛んになってきました。しかし、教育現場の管理者や担当者にとっては、その目標や目的の達成度を評価する上で、教育ビッグデータをどう利用し役立てるかが明確ではありません。このトラックでは先進的な研究や実践の例を通し、3種類のドメインでの教育ビッグデータの活用方法や知見の獲得方法の現状や今後の問題点を議論します。


【eラーニングアワード 2019 フォーラム】
会 期:2019年11月13日(水)、14日(木)、15日(金) 9:00~18:00
会 場:東京 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
主 催:一般社団法人e-Learning Initiative Japan / フジサンケイビジネスアイ
入場料:無料・要事前申込 ※当日受付は入場料として1000円が必要となります。
公式サイト: (リンク »)

▼全ての講演情報はこちらから
11月13日(水) >> (リンク »)
11月14日(木) >> (リンク »)
11月15日(金) >> (リンク »)

【eラーニングアワード 2019 フォーラムに関するお問合せ先】
一般社団法人e-Learning Initiative Japan
E-mail:info@elearning-initiative.com
公式サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]