編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

学研教育総合研究所『小学生白書シリーズ』がキッズデザイン賞・奨励賞<キッズデザイン協議会会長賞>を受賞

株式会社 学研ホールディングス

From: PR TIMES

2019-10-09 12:00



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)の学研教育総合研究所が実施しているアンケート調査『小学生白書シリーズ』が第13回キッズデザイン協議会会長賞を受賞しました。
[画像1: (リンク ») ]

■賞名
奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞
受賞部門:子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門(調査・研究)

■受賞理由
統計的に信頼できる手法で長きにわたり採取・集計されたデータをWeb上で無料公開しており、キッズデザインへ取り組むうえでの参考情報も多い。親子への大規模アンケートで蓄積された貴重なデータが、未来の主役である子どもの考え方や志向の変遷を教えてくれると同時に、グローバルな視点とどう向き合うかという新たな課題も示唆している。

『小学生白書シリーズ』とは・・・?
小学生白書シリーズは、幼児(満4~6歳)、小学生、中学生、高校生を対象とした大規模アンケート調査。子どもたちの日常生活や学習、将来つきたい職業や習い事に至るまで、調査内容は多岐にわたります。30年以上前から、時代と共に変わりゆく子どもたちの“いま”を捉え、発信し続けています。

【調査項目例】
・将来つきたい職業
・習い事
・通信機器の利用時間と目的
・好きな教科・嫌いな教科
・勉強で分からないことがあるときの行動…等

『小学生白書シリーズ』は《全4種類》
・幼児白書   (リンク »)
・小学生白書  (リンク »)
・中学生白書  (リンク »)
・高校生白書  (リンク »)


★2019年調査は『幼児白書』『小学生白書』を実施、さらに特集として『平成元年白書』を公開予定!
[画像2: (リンク ») ]



学研教育総合研究所公式HP
(リンク »)

【キッズデザイン賞とは】
キッズデザインとは、次世代を担う子どもたちの健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、デザインの力を役立てようとする考え方及び活動です。
キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)は、「子どもが安全・安心に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という理念を実現し普及するため、優れた製品・空間・サービス・活動・研究を顕彰する制度です。

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]