編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

その翻訳のお悩み!解決しませんか?「短納期」「低価格」で翻訳をお届けする 『AI翻訳+ポストエディット(PE)』

株式会社テンナイン・コミュニケーション

From: PR TIMES

2019-10-09 11:00

~2019年10月9日より販売開始~

株式会社テンナイン・コミュニケーション(本社:東京都港区、 代表取締役:工藤 浩美)は、 2019年10月9日よりAI翻訳技術を利用して従来の翻訳よりも圧倒的に「短納期」「低価格」でお届けすることを実現した翻訳サービス『AI翻訳+ポストエディット(PE)』の販売を開始します。



その翻訳のお悩み!解決しませんか?
「短納期」「低価格」で翻訳をお届けする 『AI翻訳+ポストエディット(PE)』
~2019年10月9日より販売開始~

株式会社テンナイン・コミュニケーション(本社:東京都港区、代表取締役:工藤 浩美)は、2019年10月9日よりビジネス文書のAI翻訳およびAI翻訳結果を修正するポストエディットを一貫して請け負う翻訳サービス『AI翻訳+ポストエディット(PE)』の販売を開始します。本サービスは、大量の文書でも瞬時に翻訳を行うAI翻訳と、その品質を補うポストエディット作業を一貫して請け負うことにより、従来の翻訳よりも圧倒的に「短納期」「低価格」でお届けすることを実現したサービスです。
『AI翻訳+ポストエディット(PE)』サイトURL: (リンク »)


『AI翻訳+ポストエディット(PE)』とは?

AI翻訳とは?
AIを利用して文書を瞬時に翻訳する技術です。近年、翻訳精度が非常に高くなっていると言われていますが、現状ではまだ誤訳や不自然な訳文が発生する傾向があります。

ポストエディットとは?
AI翻訳の課題である誤訳や不自然な訳文を、人間がチェック・手直しをする作業です。訳文の品質を向上させることが可能になります。


『AI翻訳+ポストエディット(PE)』リリースの背景・今後の展開

多くの企業のグローバル化が加速する昨今、「海外グループ会社との情報共有」や「社内言語英語化」などの影響でビジネス文書の英訳は「大ボリューム」を「短納期」かつ「低価格」で対応することが求められています。しかしAI翻訳だけでは、精度に課題が残り、品質面で問題がありました。『AI翻訳+ポストエディット(PE)』はプロのポストエディターが「AI翻訳だけでは不安」という方々に、短納期と低価格を実現しながら、ご満足いただける品質で翻訳をお届けするサービスです。

<「AI翻訳+ポストエディット(PE)」はこんな方におすすめ>
・「大量の資料をとりあえず英訳したい…」
・「内容がわかればいいから短納期で翻訳物が欲しい!」
・「出来るだけ翻訳にかかる費用を抑えたい」
・「社内で共有する資料だからクオリティより価格+スピード重視!」

[画像: (リンク ») ]

会社概要
会社名:株式会社テンナイン・コミュニケーション
代表者:工藤浩美(くどう・ひろみ)
設 立:2001年7月11日
資本金:1680万円
所在地:〒105-6009 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー9F
TEL: 03-3433-1096  
URL: (リンク »)
事業内容:通訳/翻訳/人材派遣サービス/英語教育事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]