編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Wind River Helix Virtualization Platformが最新のFACE(TM) Technical Standard Edition 3.0に適合

ウインドリバー株式会社

From: PR TIMES

2019-10-09 12:55



2019年9月17日、オハイオ州デイトン・カリフォルニア州アラメダ発 - クリティカルインフラストラクチャー向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは本日、Wind River Helix™ Virtualization Platform (Helix Platform)、最新のFACE™(Future Airborne Capability Environment™)Technical Standard Edition 3.0との適合を認定されたと発表しました。今回の認定では、Safety BaseおよびSecurity プロファイルをサポートするOperating System Segment(OSS)としてHelix Platformの適合が確認されています。

ウインドリバーの航空宇宙・防衛担当バイスプレジデント、レイ・ペティは次のように述べています。「ウインドリバーは、The Open Group FACE™ コンソーシアムの設立時からのメンバーです。2017年にはFACE Technical Standard OSS Safety Base プロファイルとの適合を達成した初の企業となりました。今回の認定は、ウインドリバーがグローバルな防衛プログラムのイノベーションや、移植性のある機能の迅速なインテグレーションの促進に、継続的に取り組んでいることの証しです。ウインドリバーは40年近く、安全かつセキュアで信頼性の高いコンピューティングシステムの構築を支援してきました。ミッションクリティカルな民間航空機や防衛システム向けポートフォリオの強化や、新機能の投入に全力で取り組んでいます」

Helix Platformは、FACEとの適合を認定されているVxWorks 653 技術を基にした航空宇宙システムに最適なソフトウェア開発環境です。FACEに適合し、複数のアプリケーションが搭載できるほか、広範囲に適用することができます。堅牢なパーティショニング機能と対称型マルチプロセッシング(SMP)をサポートしており、RTCA DO-297統合化アビオニクス(IMA)を考慮しているため、安全認証コストの削減や導入までの時間の短縮を図ることが可能です。POSIXやARINC 653(ARINC 653 Part 1 Supplement 4、Supplement 5など)をサポートし、COTSのRTCA DO-178C DAL A認証取得用ドキュメントが用意されています。Helix PlatformはType 1のリアルタイム組込みハイパーバイザで、Arm(R)やx86マルチコアプロセッサ上で動作します。アプリケーションはレガシーシステムや、FACE™ Technical Standardといった業界標準に対応した最新システム、また、LinuxやVxWorks(R)などのOSをベースにしたシステムで実装することが可能です。

FACE Technical Standardに適合したソフトウェアは、アビオニクスシステムのサプライヤやインテグレータが世界の数々の防衛プログラムや航空機向に使用でき、再利用が容易です。FACEと適合した事で、Helix Platformは、メーカーや防衛の調達コストの削減、特定サプライヤへのロックインの回避・防止に役立てる事ができます。また、Helix Platformでは、ARINC 653やPOSIX(R)アプリケーションソフトウェアを、他の移植可能なFACEソフトウェアコンポネントと簡単かつ迅速にインテグレーションすることができます。

The Open Groupのフォーラム運営担当ディレクター、ジュディ・チェレンツィア氏は次のように述べています。「ウインドリバーのHelix PlatformがFACEとの適合を達成したことをとても喜ばしく思います。Helix Platformが加わったことで、世界の次世代防衛プラットフォーム向けに、さらに多くの優れたソリューションがFACE Registryに登録さる事になるでしょう。」

ウインドリバーは、FACE検証機関(VA)であるTES-SAVIと協力し、Helix Platformの厳しいFACE適合認定試験を完了しました。TES-SAVIは、COTSの標準コンポネントとして使用される認定プラットフォームに豊富な実績があり、COTSの標準コンポネントは将来のIMAシステムに柔軟性と高機能をもたらします。

Helix Platformならびにウインドリバーの航空宇宙・防衛ソリューションについての詳細は下記をご覧ください。

Helix Platform
(リンク »)

ウインドリバーの航空宇宙・防衛向けソリューション
(リンク »)

ウインドリバーについて
ウインドリバーは、エッジコンピューティングソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。 (リンク »)
[画像: (リンク ») ]



# # #
※Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。
※本プレスリリースは2019年9月17日に発表したプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]