編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コンチネンタルタイヤ、「第46回東京モーターショー2019」に出展

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2019-10-09 11:00

コンチネンタルタイヤは、10月23日~11月4日※1の期間、東京ビッグサイト等※2で開催される「第46回東京モーターショー2019」に出展します。

コンチネンタルブース※3では「Mobility is the heartbeat of life」のテーマのもとAutomated Driving(自動運転), Electrification(電動化), Connectivity(コネクティビティ)を柱に未来のモビリティの為の技術ソリューションを紹介します。

タイヤ部門の主な展示は、以下の通りです。

1. Conti C.A.R.E. (コンチ・ケア)
今年のフランクフルトモーターショーで発表された、未来のモビリティのための技術ソリューション「Conti C.A.R.E. (Connected:接続、Autonomous:自律、Reliable:信頼、Electrified:電動化)」。未来の自動車が遭遇するであろう様々な場面をサポートするための、ホイール/タイヤ技術ネットワークを有するタイヤを超えた包括的な技術ソリューションです。これにより、様々な走行状況に応じて望ましい性能特性に適合させることができます。

2. ContiSense (コンチ・センス)
タイヤ構造内に組み込まれたセンサーが特徴で、そのセンサーが、トレッドの溝深さや損傷の可能性、タイヤ温度と空気圧に関するデータを生成し、継続的に評価しながらホイールやタイヤ技術のネットワークを緻密に調整、管理をしやすくします。

3. EcoContact 6 with adidas Parley shoe (エコ・コンタクト 6 + アディダス・シューズ)
より環境に配慮したソリューションを求めるエンドユーザーのために開発されたハイパフォーマンス・エコタイヤ。3つの相反する性能であるウェットブレーキ性能、転がり抵抗および耐摩耗性能を非常に高いレベルで向上し、現在日本での取扱いサイズ35サイズ中、15サイズ※4が欧州タイヤラベリング制度の「ウェットブレーキ性能、転がり抵抗」で最高グレードの「A/A」を獲得しています。

<Adidasとのコラボレーション>
タイヤは、クルマの部品の中で唯一路面に接地している部品で、車両の重量を支え、駆動力・制動力を伝え、路面からの衝撃を和らげ、方向を転換・維持するという役割を担っています。
シューズのソールにも共通点が多く、アディダスはタイヤの技術をシューズのソールに応用できないかと、コンチネンタルタイヤ部門の専門家に相談をしました。10年以上前のことです。以来、コンチネンタルとアディダスの技術提携は拡大を続け、現在では200近いランニングシューズ、トレッキングシューズ、アウトドアシューズのモデルにコンチネンタルのタイヤ開発で培われたテクノロジーを搭載したラバーソールが採用されています。

4. VikingContact 7 (バイキング・コンタクト 7)
「VikingContact 7」は、優れたウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加えて、シリーズでは初となる「左右対称パターン」を採用することでウェットおよびシャーベット路面での排水性を大幅に高め、冬の様々な路面状況下で更に安全で快適なドライビングを可能にしたコンチネンタルのプレミアム・スタッドレスタイヤです。


※1 会期 : プレスデー10月23、24日、プレビューデー10月25日、一般公開日10月25日 - 11月4日
※2 会場 : 東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGAWEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など
※3 東京ビッグサイト 南展示棟 南ホール3/4  S3401
※4 2019年10月1日現在


【コンチネンタル社について】
コンチネンタルは、人とモノの持続可能なコネクテッドモビリティに関わる先進的な技術やサービスを開発しています。1871年の創業以来、テクノロジーカンパニーとして、安全性、効率性、インテリジェンスを兼ね備えたアフォーダブルなソリューションを自動車、機械、交通、輸送のために提供しています。2018年度の売上高は444億ユーロで、世界60の国と地域に約24万4千人以上の従業員を擁しています。
(リンク »)

【コンチネンタル タイヤ部門】
コンチネンタル タイヤ部門は現在、全世界に24カ所の生産および開発拠点を有しています。約5万6千人の従業員を擁する世界有数のタイヤメーカーであり、2018年には114億ユーロの売上げを計上しました。タイヤ製造の技術リーダーであり、乗用車、商用車、二輪車の幅広い製品ラインを提供しています。コンチネンタルは、研究開発への継続的な投資により、経済的で環境にやさしいモビリティに大きく貢献しています。タイヤ部門のポートフォリオには、商業車用タイヤのデジタル管理システムだけでなく、タイヤ取引および車両アプリケーション向けのサービスも含まれます。
(リンク »)

【スポンサーシップ】
コンチネンタルは、ツール・ド・フランスのオフィシャルパートナーです。

日本語公式サイト: (リンク »)
日本語公式Facebookページ: (リンク »)
日本公式YouTubeページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]