編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

さとふる、新潟県妙高市の「最小個体数の『火打山のライチョウ』の未来を守るプロジェクト」における寄付受け付けを開始

株式会社さとふる

From: PR TIMES

2019-10-09 11:00

~ふるさと納税を活用し、1,600,000円を目標に寄付を募集~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」( (リンク ») )を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、寄付金の使途に応じて事業を立ち上げ寄付を募る「さとふるクラウドファンディング」( (リンク ») )にて、新潟県妙高市の「火打山のライチョウ」の調査保護活動を行うための寄付受け付けを2019年10月9日(水)より開始します。



■イメージ
[画像: (リンク ») ]


「さとふるクラウドファンディング」は、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄付金の使途に応じた事業を立ち上げ寄付を募る、クラウドファンディング型ふるさと納税サイトです。寄付者は「さとふるクラウドファンディング」上で具体的な寄付金の使途から寄付先を選択することができるほか、自治体への応援メッセージの投稿や集まった寄付金額を随時確認することもできます。

新潟県妙高市にある妙高戸隠連山国立公園の火打山には「火打山のライチョウ」と呼ばれるニホンライチョウが生息しています。ニホンライチョウは氷河期からの生き残りといわれ、国の天然記念物にも指定されていますが、現在生育できる環境が激減していることから絶滅危惧種の指定を受けており、妙高市の「火打山のライチョウ」も現在の生息数は国内最小である20羽程度とされています。

そのため、「さとふるクラウドファンディング」では2018年5月にも新潟県妙高市の「火打山のライチョウ」を調査保護するための寄付募集を行いました。結果、寄付受け付け開始から約1か月半(44日間)で目標寄付額を超える1,329,000円が集まり、2019年度の調査保護活動に活用されています。今後も「火打山のライチョウ」の調査保護活動を継続的に行っていくため、今回寄付を募集します。

■事業概要
事業名:絶滅の危機を救え!最小個体数の「火打山のライチョウ」の未来を守るプロジェクト
目標寄付額:1,600,000円
受付期間※:2019年10月9日(水)~2019年12月20日(金)
URL: (リンク »)
※受付期間や募集金額は、変更の可能性があります。

■新潟県妙高市からのメッセージ
2015年3月に私たちが待ち望んでいた「妙高戸隠連山国立公園」が誕生しました。妙高市では「生命地域の創造」をまちづくりの基本理念に掲げ、ライチョウを環境保全のシンボルとし、絶滅を避けるために継続的な保護対策の推進が必要と考えております。

日本におけるライチョウの生息域が限られる中にあって、「火打山のライチョウ」は国立公園の大きな魅力であり、宝であります。先人たちから受け継いだこの宝を、後世に引き継いでいくため、皆さまのお力添えをよろしくお願い申し上げます。

なお、本事業は国内最大の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」からも寄付申し込みが可能です。株式会社さとふると「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真)は業務提携しており、両サイトにてふるさと納税制度を活用した自治体のクラウドファンディングプロジェクトへの寄付受け付けを行っているほか、協力して自治体へ事業の企画アドバイスや記事の制作支援を実施しています。

株式会社さとふるは、今後もさまざまな取り組みを通じて地域の生産者や自治体に寄り添いながら、地域活性化を推進します。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。また、自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」( (リンク ») )を運営しています。

■株式会社CAMPFIREについて
株式会社CAMPFIREは、あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化”をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2019年9月23日時点)までに26,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ156万人以上、流通金額は143億円に達しました。1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくってまいります。
詳細はこちら( (リンク ») )をご覧ください。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]