編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

世界最大のラグビートーナメントで大活躍のオールブラックスを輩出  各地のラグビーチームで巡る ニュージーランド

ニュージーランド政府観光局

From: PR TIMES

2019-10-09 15:25



ニュージーランド政府観光局は、同局「「New Zealand says 39(ニュージーランド・セイズ・サンキュー)」プロジェクト(*)のサポーターであるラグビー ニュージーランド代表“オールブラックス”を輩出したニュージーランド各地のラグビーチームを巡る観光情報をお届けします。

(*)=ニュージーランド・セイズ・サンキュー・プロジェクトは、ニュージーランド政府観光局が、ニュージーランド大使館、ニュージーランド航空、ラグビー ニュージーランド代表“オールブラックス、および日本の地方自治体の協力の下、開催中のプロジェクトです。
(リンク »)


[画像1: (リンク ») ]

ハイランダーズ (ダニーデン) 
ダニーデンを拠点にするスーパーラグビーのチーム。2013~16年に、日本代表の田中史朗(たなかふみあき)選手が所属し、人懐っこいユーモアあふれるキャラクターと小柄でスピーディーな試合での動きから、地元の人たちの間で「フミ」というあだ名で愛されていました。ダニーデンでもっとも有名な日本人だといっても過言ではありません。また、2015年には、悲願の初優勝を果たしたほか、現在、ラグビー日本代表のヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ監督が2016年まで同チームのヘッドコーチに就任していたなど、日本との関わりが強いチームです。オールブラックスメンバーのアーロン・スミス、ベン・スミスが所属しています。

ダニーデンとラグビー
市内中心にオタゴ大学を構えるダニーデンでは、ラグビーの試合がある日は、学生たちを中心に大いに盛り上がります。なおダニーデンのフォーサイス・バー・スタジアムはニュージーランドの中で唯一の全天候型スタジアムです。

ダニーデン 観光情報
オークランドから飛行機で約1時間50分ほど南下した場所にある、スコットランドの趣きを残す街、ダニーデン。市内には、ダニーデン駅やオタゴ大学、オクタゴン、ファースト教会など、歴史的建造物が立ち並び、市内から車で約30分圏内のオタゴ半島は、野生動物の宝庫。絶滅危惧種のイエロー・アイド・ペンギンやロイヤル・アルバトロスをはじめ、NZアシカやオットセイの生息地があります。

さらに、市内は学生の街としても有名で、美術館や博物館、ライブハウスのほか、オシャレなカフェやレストラン、ブティックが点在します。特に、歴史的建造物を改装した場所はどこも人気を博しています。また、市内の各所は芸術的なストリートアートが施されています。古いものをうまく残し、新しく活かす、ダニーデンの街は、いつ訪れても新しい発見にあふれています。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


写真提供:  (リンク »)


クルセイダース (クライストチャーチ)

クライストチャーチを拠点にするスーパーラグビーのチーム。1996年から現在まで、リーグ優勝を、リーグ最高の9回達成し、“常勝軍団”の異名で知られています。同チーム出身の有名選手は、キャプテンとしてオールブラックスを2011年2015年の2回優勝に導いたリッチー・マコウや、名キッカーのダン・カーターなどが挙げられます。また、現在のオールブラックスのキャプテン、キアラン・リードなど、オールブラックスのキャプテンも同チーム出身者が多いのが特徴です。

クライストチャーチとラグビー
観光客のみならず地元の人々にとっても憩いの場であるハグレーパークでは週末になると子どもから大人まで、公園内のさまざまな場所でラグビーが行われています。また地元スタジアムで行われるクルセイダースの試合では試合前に馬に乗った騎士団が会場内を駆け巡るのも見どころです。

クライストチャーチ観光情報
南島最大の都市で、“ガーデンシティ”の愛称で知られ、芸術や文化の発信地のクライストチャーチ。カンタベリー博物館やアートセンターなどネオゴシック調の建物のほか、やエイボン川沿いの開放的なカフェやレストランなど、古き良きものと新しいものが交差しています。また、さまざまな分野で“イノベーション”に力を入れ、モダンでクリエイティブな街として、世界中から注目を集めています。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]


写真提供:  (リンク »)  

ハリケーンズ (ウエリントン)

首都ウエリントンを拠点にするスーパーラグビーのチームで「ケーンズ」の愛称で親しまれています。ベスト4進出の常連チームであり、リーグ戦ではその粘り強さを見せるチーム。2016年には悲願のリーグ初優勝を飾りました。同チーム出身の有名選手は、ジョーディ・バレット選手、アーディ・サヴェア選手のほか、本大会でオールブラックスが試合の前に行うハカをリードしているTJ・ペレナラ選手もハリケーンズに所属しています。

ウエリントンとラグビー
ウエリントンは、ウエストパックスタジアムをはじめ、さまざまなラグビーファンにとっての“聖地”が点在しています。たとえば、ハーバーサイド沿いにあるラグビーのオブジェ「ラグビー・ワールド・カップ・セレブレーション」は、映画『ロード・オブ・ザ・リング』でおなじみのリチャード・テイラー卿とウェタワークショップによって造られたものです。また、ハリケーンズと地元チームのウエリントン・ライオンズのオフィシャル・バー&レストランの「ザ・グリーン・マン」は試合の日は大勢のファンで盛り上がります。

ウエリントンの観光
徒歩圏内でほぼ移動可能といったコンパクトな街のウエリントン。ハーバーサイドでは、サイクリングやランニング、散歩などを楽しめます。街の中心には、国立博物館のテ・パパやウエリントン市立美術館をはじめ、多くのワールドプレミアが行われているエンバシーシアターなどがあり、先住民マオリの文化や西洋の演劇や音楽、さらにはコンテンポラリーな芸術作品やミュージシャンによる音楽ライブに至るまで、時代を超えた芸術・文化活動を体験することが可能です。またカフェの街と知られるウエリントンは、どのコーナーにもカフェがあり、エスプレッソとミルクがベースのニュージーランド発祥のコーヒー、フラットホワイトが一番人気となっています。
[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]


写真提供:
(リンク »)

チーフス (ハミルトン<ワイカト地方>)

ハミルトンを拠点にするスーパーラグビーのチーム。12年には悲願のシリーズ初優勝を飾り、さらに翌年も二連覇を達成。その後も優勝戦線に食い込むなど、国内外から注目されているチームです。日本代表のキャプテンとして活躍しているリーチ・マイケル選手が期限付き移籍していたことでも有名です。

ワイカトとラグビー
ワイカトにはさらに深くラグビーを知り、触れることができる場所がたくさんあります。元オールブラックスの選手で福岡でもプレーしたことのあるアラン・ペーン氏がオーナーのスペイツ・エール・ハウスは、ラグビー観戦にはぴったりな地元でも人気のスポーツバー。また、テ・アワムツにあるザ・リダウトは、地元のラグビーチームの記念品を展示しているバー&レストラン。さらに、テ・アワマツ博物館には、ラグビー関連の展示が今後登場する予定です。そして、ワイカト博物館には、1950年代の地元チームの記念品などが展示されています。

ワイカト地方の観光
なだらかな丘陵地と広々とした牧草地の広がり、肥沃な土壌に恵まれたワイカト地方。その地中には、大規模な鍾乳洞が広がっています。北島の中心を穏やかに流れるワイカト川の流域一帯は、牧畜が盛んなだけではなく、125年以上も前から国際的な観光地として知られています。地中で輝く土ボタルが見られるワイトモ洞窟は昔からの名所ですが、近年では『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の3部作シリーズを機に、ホビットの里としても有名です。
[画像11: (リンク ») ]

[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]


写真提供:
(リンク »)


ブルース (オークランド)

オークランドを拠点にするスーパーラグビーのチーム。1990年代のシリーズ・スタート時は、クルセイダースと並び、優勝候補の筆頭として華々しい業績を残し、多くのスター選手を輩出しました。現オールブラックスのボーデン・バレット選手、サニー・ビル・ウィリアム選手やリコ・イオアネ選手が所属しています。

オークランドとラグビー
オークランド市内から車や列車、バスで20分のマウント・イーデンにあるイーデンパーク。ラグビーやクリケットを中心に行われ、国内最大の5万席を誇る一大スタジアムです。2011年にニュージーランドで開催された世界最大のラグビートーナメントの直前に改築され、フォーサイス・バー・スタジアム(ダニーデン)とともに、国内で最も新しい大型スタジアムのひとつです。実は、ここは、1987年に開催された世界最大のラグビートーナメントの第1回大会の決勝で使用され、オールブラックスが見事、チャンピオンに輝いた場所。さらに、2011年も同様にオールブラックスが優勝杯を掲げた場所であり、ラグビーの聖地として、世界中のファンが訪れることでも有名です。

オークランドの観光
ニュージーランド最大の都市であるオークランドは、美しい海に囲まれながら、洗練された都会的な街の雰囲気が魅力的な多文化都市です。“暮らしやすい街”として世界のトップ3に入ったことのあるオークランドには、ニュージーランドの総人口に当たる約3分の1の人々が暮らしています。また、世界最大のポリネシア系人口を誇る都市でもあり、食べ物や音楽、芸術文化など、あらゆる面で多彩な文化を取り入れているのも特徴です。二つの入り江に挟まれた地峡部に位置するオークランドでは、海は人々にとって身近な存在です。また亜熱帯性の穏やかな気候にも恵まれているため、多種多彩なアクティビティーやアドベンチャーを楽しめます。おしゃれなブティックやカフェの集まる市内中心部から、わずか30分ほど離れるだけで、原生林の中をトレッキングしたり、野趣あふれる西海岸にある黒砂のビーチを散歩したりすることも可能です。
[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]

[画像16: (リンク ») ]


写真提供: (リンク »)

【ニュージーランド政府観光局について】
ニュージーランドをサステナブルで質の高いデスティネーションとしてプロモーションするため、国際的なマーケティング活動を行っています。毎年約380万人が世界中からニュージーランドを訪れ(2019年3月現在)、観光はニュージーランドの外貨収入における最大の収入源です。”100% Pure New Zealand”キャンペーンを通じて、ニュージーランドの魅力をより多くの方々へお伝えしています。世界で最も歴史の長い政府観光局として知られており、観光庁長官に任命された10名のボードメンバーを中心に全世界13の事務所で約150人のスタッフが働いています。

(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)  
(リンク »)  

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]