編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ニールセンより、どんな小売業でも手軽に簡単に使えるBIツール新ソリューション「BES」登場

ニールセンカンパニー合同会社

From: PR TIMES

2019-10-09 15:25



東京、2019年10月9日 – 市場調査およびデータ分析のグローバルカンパニーであるニールセンは、手軽で使いやすく費用対効果に優れたBIツール「BES(Business Effectiveness Solution)」を発表しました。


このBIツールは、小規模小売業から大規模小売業、スーパーマーケットのようなアイテム数の多い小売業からファッション・ストアなど様々な業態に対応し、それぞれが必要なビジネスの指標をチャートで簡単に確認することができます。 


ニールセンは、世界6,000社以上の小売企業に対するデータ分析の実績により、小売企業が分析すべき指標を見やすく提供するノウハウを多く持っており、企業経営者や現場責任者など様々な立場の方が効率的に素早く現状を把握するための情報を提供することができます。 


BESはクラウドで運用され、売上、利益、在庫、棚やスタッフ効率の確認に加え、会員カードがあればID-POSの分析も可能となります。データは原則として日次で見ることができ、即時性においても優れています。同システムは契約企業様に対し提供され、内部利用者の数にかかわらず費用は一定となり、多数のユーザーが利用してもコストは変わりません。また、卸・メーカーに対して情報を公開する機能があり、ジョイント・ビジネスプランやカテゴリーマネジメントにも適しています。


BESの導入で以下の分析がカバーされます。

1. 売上利益要因分析
2. 品揃え適正化分析
3. 価格分析
4. 在庫分析
5. メーカー・卸の効率性分析
6. 販促分析
7. 棚と店舗スタッフの効率管理分析
8. レジごとの効率分析
9. バスケット分析
10. ID-POS分析

###

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼されたインサイトを提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見出すお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください:www.nielsen.com

※同プレスリリースのウェブページはこちらから。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]