編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「タピオカブームは一過性」と6割が回答女性1,764人に聞く、タピオカを飲む理由

株式会社ミュゼプラチナム

From: PR TIMES

2019-10-09 16:35

F1層のリアルをミュゼマーケティングが調査! MUSEE MARKETING News Letter ~タピオカ編~

昨年からブームとなっているタピオカドリンク。多くの店舗で、若い女性客を中心に長蛇の列ができています。一方で、インスタ映えのためにタピオカを購入し、ほとんど飲まずに捨ててしまうという問題も発生しています。そこで、全国の20~34歳女性1,764人に、タピオカドリンクを購入する理由をリサーチしました。



<トピックス>
~タピオカ編~
■大ブームのタピオカドリンク。飲む頻度は「数か月に1回」が最多
■タピオカ専門店のドリンクは高い? F1層が思う適正価格とは
■「タピオカドリンクを最後まで飲まずに捨てる」問題。実態は?

【調査概要:タピオカ編】
■調査日   :2019年9月19日~2019年9月25日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,764名
■調査対象 :全国20~34歳の女性


■大ブームのタピオカドリンク。飲む頻度は「数か月に1回」が最多
 まず、タピオカドリンクを飲む頻度について聞きました。最も多かったのは「数か月に1回」で29%、次に「1、2度飲んだことがある」で23%、「1か月に1回」が22%。専門店が乱立し、長蛇の列もできるなど大ブームが巻き起こっているなか、飲む頻度についてはやや少ない印象となりました。
 また、タピオカドリンクを飲む理由については、「美味しいから(40%)」が1位。2位が「タピオカの食感が好きだから(31%)」、3位が「友人・恋人などとのノリで(14%)」という結果に。そして、どんなタイミングでタピオカドリンクを飲みたくなるか聞くと、「タピオカを食べたくなったとき」という回答が最も多く25%。2位が「街に出かけたとき(20%)」、3位が「友人と会っているとき(15%)」。59%は、「一人で買って飲むこともある」と答えました。
[画像1: (リンク ») ]


■タピオカ専門店のドリンクは高い? F1層が思う適正価格とは
 都内ではいたるところにタピオカドリンク販売店が誕生していますが、よく行くお店があると答えた人は32%。よく行くお店についての回答はバラけて、「ゴンチャ」が28%、「The ALLEY」が10%でした。

 タピオカドリンクを飲むときのお店探しについて、1位は「たまたま見つけたら入る(28%)」、2位が「Instagramで検索」で21%、3位は「友人からの口コミ」で19%という結果に。また、販売店のどこを重視するのかについては、「口コミ評価の高さ」が1位、2位が「店内の雰囲気や内装」、3位が「立地」という結果になりました。
[画像2: (リンク ») ]

 専門店のタピオカドリンクの価格について聞いたところ、「やや高い」と答えた人が73%、「とても高い」が13%、「適切だと思う」が13%と続きました。適切な価格について「400円」と答える人が最も多く、次に「300円」「500円」という回答が集まりました。

[画像3: (リンク ») ]

■「タピオカドリンクを最後まで飲まずに捨てる」問題。実態は?
 路上にタピオカドリンクが捨てられるというゴミ問題が話題に上ることもありました。しかし、実際に聞いてみると、購入した商品を最後まで飲まずに捨てたことがある人はわずか17%に留まりました。捨てた理由で最も多かった回答は「ボリュームが多すぎて飲み切れなかった」。次に「口に合わなかった」でした。
[画像4: (リンク ») ]

 最近では、パンケーキやかき氷にタピオカをのせたスイーツも登場しています。それらについてどう思うか聞くと、54%の人が「タピオカドリンクで十分」と回答し、43%の人が「一度は食べてみたい」と回答しました。

 タピオカドリンクを通じて台湾に興味を持った人は42%。「台湾に旅行したくなった」と答えた人が最も多く、次に「ほかの台湾料理やスイーツを食べたくなった」「いままでより台湾を身近に感じるようになった」という回答が多く挙がりました。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


▶記事詳細はこちら: (リンク »)
※本リリースの調査結果・グラフをご利用いただく際は、必ず【ミュゼマーケティング調べ】とご明記ください。

『ミュゼマーケティング』について
 美容意識の高い女性を中心とした会員層を有し、自社デジタルメディアと全国193(※)店舗のサロンによるクロスメディアアプローチが特徴のメディアサービスです。店頭サンプリング、商品モニター、リサーチ、デジタル広告やメールマガジンによるサービス告知などを提供しています。
 F1層をコアとした全国370万人以上(※)の会員さまへ向け、自社サービスの認知拡大、継続的な収益モデルを検討したい企業様は、ミュゼマーケティングへお問い合わせください。
▶サービスの詳細・資料ダウンロードはこちら: (リンク »)

美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』について
“全ての女性のキレイをお手伝いしたい”との想いを込め、2003年に誕生した、高品質の美容脱毛サロン。多くの女性の支持を受け、現在では全国に193(※)店舗を展開中。
▶ミュゼプラチナム ホームページ: (リンク »)
(※)2019年9月末日時点

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]