編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

北大阪急行電鉄は2020年2月に開業50周年を迎えます!開業50周年記念ロゴマークとキャッチコピーを制定しました 特設サイトで1年間にわたり50年間の感謝の気持ちを発信してまいります

阪急阪神ホールディングス株式会社

From: PR TIMES

2019-10-09 16:35

北大阪急行電鉄株式会社(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:内芝伸一)は、1970年にアジアで初めて開催された「日本万国博覧会(大阪万博)」への観客輸送のため、江坂駅~(旧)千里中央駅~万国博中央口駅間で営業運転を開始しました。大阪万博の閉会後は「千里ニュータウン」と大阪市内を結ぶ鉄道路線として、お客様に「北急」と呼ばれ親しまれながら、2020年2月24日に開業50周年を迎えます。



これを記念して、「開業50周年事業『北急家族(きたきゅうふぁみりー)PROJECT』」を開催いたします。本事業は、2019年10月~2020年9月までの約1年間にわたり、当社の歴史の振り返りや新たな取組みなどを通じて、沿線地域の皆さまや多くのお客さまへの50年間の感謝の気持ちをお伝えするとともに、これからの50年も沿線地域に寄り添い「家族」のような関係を築いていける企業を目指したいとの想いをこめて実施するものです。
本事業の開始に先立って、開業50周年の取組みを幅広く知っていただくために、開業50周年記念ロゴマークとキャッチコピーを制定しました。
なお個々の取組みについては、開業50周年特設サイトを開設し、順次、ご案内いたします。

■開業50周年記念ロゴ、キャッチコピーについて

[画像1: (リンク ») ]


ロゴマークは、当社のマナー啓発活動を中心に展開してきたキャラクター『北鳩家族(きたきゅうふぁみりー)』を活用し、開業50周年を機に新たな一歩を歩み出している様子をAnniversaryのリボンと紙吹雪による賑やかさでもって表現しました。
キャッチコピー『たくさんのありがとうを乗せて、未来へ出発進行!』は、沿線地域の皆さまや多くのお客さまへの感謝の気持ちと、未来に踏み出すイメージを鉄道ならではの言葉を使って表現しました。

■開業50周年特設サイトについて
1.開設時期
2019年10月9日(水)14時<予定>
2.掲載内容
(1)『北急家族(きたきゅうふぁみりー)PROJECT』の紹介
(2)北急の歴史を紹介(2020年1月公開予定)
(3)その他
3.開業50周年特設サイトURL
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]



北大阪急行電鉄  (リンク »)

リリース  (リンク »)

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]